TOP
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 2017.8クレタ島をじっくり味わう旅 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行
■移動ルート■





■目次

 キャリア編 アテネ クレタ島(イラクリオン,ハニア)

 ホテル編1 イラクリオン
 ホテル編2 ハニア
 ホテル編3 ハニア

 食事編1 イラクリオン,ヴァイ,シティア
 食事編2 ハニア
 食事編3 ハニア郊外,アギア・ルーメリ,エロス

 観光編1 アテネ
 観光編2 イラクリオン,マリア 他
 観光編3 ディクティオン洞窟 他
 観光編4 イェラペトラ,ヴァイ,シティア
 観光編5 イラクリオン
 観光編6 イラクリオン
 観光編7 レシムノ
 観光編8 ハニア
 観光編9 ハニア
 観光編10 サマリア渓谷
 観光編11 エラフォニシ 他

 番外編 旅のオトモ最新版



■旅の動画

動画:2017年8月クレタ島の旅

動画:サマリア渓谷



▪️旅のツイートまとめ




スポンサーサイト
[2017.09.18(Mon) 23:51] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク キャリア編 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行
国際線は毎度お馴染み てーけー ことトルコ航空を。
国内線は同じスタアラのエーゲ航空を利用。


相変わらず早め早めに動き出す てーけー53便。
8/10の夜も10分早い出発でした。

あと昨年はボーイング機だったと思ったけど、
今回はエアバスに戻ってた。
それならコンフォートクラスを復活させて欲しかったなぁ〜


そういや往路は随分と北に向かって飛んでた。
青森付近まで北上してる。
いつもは新潟位まで行ったら西に向かうのに。
やはしショーグンさまの戯れせいか?


席はJ列だったんだが、客室乗務員のあーびー(兄ちゃん)は
軽食の時にはおつまみを配り忘れ、
食事の時には飲み物サービスを忘れてた。(・ω・)


TK機内食1

機内食1
 エビとズッキーニのサラダ
 フムス
 ポン酢ソースの焼き鳥 俵ご飯と野菜添え
 プロフィテロールのチョコ掛け



TK機内食2

機内食2
 季節の果物
 きんぴら
 スズキのグリル
 スキヤキ風卵焼きと焼き豆腐




3時半前には君府のアタさん空港セキュリティを抜けられた。
てーけーラウンジへ。1年振りのアイラン〜♪
こんな時間なのに?だから?
シャワー室が使えるようになるまで結構待った。





お次は7:15発のTK1845便でアテネまで。
機内食はチーズとトマトとバジルたっぷりのサンドウィッチ。
両面を焼いたホットタイプになっててウマイ!
トルコ語でBombaだっけ?

TK機内食2.5





今回は、次のイラクリオン行きフライトまで時間があったので、
更に遅い便にしてアテネ市内へ行こうと計画。
そのため16:05発の7318便を予約しておきました。

搭乗前に化粧品の買い出しを。
手作りの基礎化粧品を使っているため、
夏場の遠足は痛むのを心配しながらでした。

今回は発想を変えて現地調達へ。
お店のお姉さんに相談して化粧水とクリームを購入。
したら、写真中央3点の試供品をサービスしてくれたv

最初の買い出し





さて搭乗搭乗。
エーゲ海を渡る飛行機が好きな理由は、
↓こんな風に島々を上から眺められるから♪
島影1
ナクソス島、パロス島、アンティパロス島

島影2
リトルキクラデス諸島、イオス島、シキノス島

島影3
アナフィ島、サントリーニ島、テラシア島

飛行マップ



往路は30分以上の遅延はあったものの、
そんなに揺れなかったので軽食サービスも通常通り。
エーゲ航空機内食



エーゲ海の南の端、クレタ島の北岸が見てきました。
どうやら、マリア辺りから岸に沿って西進するようです。
やっぱ山がしっかりしてるよなぁ〜

クレタ島北東部





さて8/20の復路は、ハニアからアテネへと戻ります。
国際線に合わせて18:25発の7337便にしました。
液体物を買い出しし過ぎて、春の遠足に次ぐ重さに。→21.9キロ

ハニア空港はお店も少なく、建設途中っぽい印象を受ける。
ざっとお店を見て回った後は、時間まで待合室で読書。

ハニア空港電光掲示板



A席だったからか謎だけど、殆ど島影が見えないルートで寂しかった〜
そしてフライト時間は短いは、揺れは激しいはで、
機内サービスは阿鼻叫喚。(笑)

ハニア空港を飛び立つ




なんだかとっても早く着いてしまったアテネの空港。
さっさとチェックインを済ませて出国手続きへ。

その後のセキュリティチェック。
今回はやたら厳しい(他の欧州並へw)アテネ。
カメラも出して検査してた。


おっとその前に…ゲート入り口にあるお店がリニューアルしていて。
可愛いくてオサレなギリシャグッズを売っているのです。
こんなに買い出ししてなければ買いたかったよ〜!
Gift と Greeceが付いた店名だった気が?


20:10過ぎにはラウンジへ。
また構成が変わってて、去年のが一番良かったと思う。
食べ物を取る動線ががががが…
そしてミトスビールの飲み納め。

アテネの空港ラウンジにて




21:40前にTK1844便に搭乗。
22:17にドアを閉めたのに、動き出したのは23時過ぎ。
30分以上の遅れって、何があったんか?

この機、特筆すべきは“トイレに窓があって外が伺えること”。
夜中だったのが残念だよ!(笑)




0時半過ぎにやっと君府のターミナルへ。
いつもならセキュリティがあると思ったんだけど、
とにかく乗り継ぎ便のゲートに急がせている係員数名。

お陰で10分程度で乗り換え完了。
あ〜でもアイラン飲み損ねた〜←君府の空港を使う判断基準…


TK機内食3

機内食3
 ハイダリ(ハーブ入りヨーグルト)
 羊飼いのサラダ
 牛肉のボレッキ(パイ)
 ワイルドベリーのゼリー バニラクリーム添え



TK機内食4

機内食4
 フムス
 季節のサラダ
 茄子の煮込み
 マンゴームース



復路はいつもと変わらないルートで にゃりた 入り。
ショーグンさま大人しくしてるんだと、思った次第。

ターミナルに入れる迄の時間も今まで通り。
しかし今回は、荷物が出てくるのにやたら時間がかかったっす。

[2017.09.18(Mon) 23:48] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ホテル編1(&そこ迄の簡単な交通関係) 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行
久し振りに都会のホテルに宿泊。
トップ オブ ハイシーズンの宿泊なので、2月頃から調査を開始。
選択肢が多くて嬉しい悲鳴(笑)をあげたものの、
半年先でもかなり部屋が埋まってた。

3軒とも、部屋は禁煙でもテラスでは喫煙可能らしく(灰皿置いてあるし)
副流煙が苦手なニンゲンはテラスでノンビリ出来ないし、
洗濯物を干すのも躊躇しちゃう。






イラクリオン空港からイラクリオン市内への公共バスは、
建物を出て(中心から伸びる道路を行くのが一番早い)
南側の道路を走っています。

駐車場の角にある小屋がチケット売り場。
今回は1.20ユーロでした。
10分程度でエレフテリアス広場に到着。



この交通の便の抜群の良さと
ギリシャ朝食イニシアチブ参加ホテルという理由で選んだのが
ここ Capsis Astoria Heraklion 。 
(8/11-8/14 3泊)

3月の頭に変更がきかないタイプで予約。
旅行直前に見たら、料金は1万円以上あぷしてた。
アブネエアブネエ…


Capsis Astoria Heraklion部屋1

Capsis Astoria Heraklion部屋2


部屋は北側に面しているけど、思いっきり熱気が籠ってた。
眼下のお土産物屋さんも、夜半を過ぎれば閉めるので、
ピークシーズンの割には五月蝿い印象は無し。

ただ空港から飛び立つ飛行機のルートのすぐ下なので、
その音が気になると言えば気になるかな?


部屋にはウェルカムお手紙(笑)もあり、
「何でもアレンジするから、フロントに尋ねて!」
ってあるので、早速その日のうちにお願いする。→東クレタツアー
翌日にはプライベートツアーも。

あと、カードキーケースの中には、
ホテルのレストラン用の割引券も入ってました。
(出すのすっかり忘れてたけどな…)

ロビーにATMがあるので
週末でも、銀行に行かなくても、キャッシュげと可能。



噂の朝食はA階のレストランにて。
エレフテリアス広場を眺めながら

食材が豊富。オリーブが小ちゃくて驚く。
一口大のチーズを丸めたパイ。
ベルガモットのシロップ漬け食べたお!
(うむ、可もなく不可もなく、一度でいいや↑)

桃が瑞々しかった、缶詰かなんかだろうに。
シリアルもオサレで数種類。

飲み物は水しかなかったけど、何故かうまい!
コーヒーはもっと濃くてもええかな?

Capsis Astoria Heraklion朝食1

Capsis Astoria Heraklion朝食2

Capsis Astoria Heraklion朝食3

Capsis Astoria Heraklion朝食4


[2017.09.18(Mon) 23:36] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ホテル編2(&そこ迄の簡単な交通関係) 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行



イラクリオンからハニアへはKTELのバスを利用。
北の港近くにあるターミナルAから、ハニアのバスターミナルまで。
一度引き返すような形でレシムノンのバスターミナルにも寄るルートでした。

おお、電光掲示板がある〜
番線表示は、ギリギリになるまで出ず、
乗り場は右往左往する人々で大混雑で。

そして待合室の売店のグリークコーヒーは紙コップで、
雰囲気出ないなぁ〜と。(持ち込みも考えてだろうけど)

イラクリオンバスターミナル電光掲示板1

イラクリオンバスターミナル電光掲示板2




ハニアでの宿泊1軒目は海沿いにあるPorto Veneziano Hotel
(8/14-8/16 2泊)
ここもギリシャ朝食イニシアチブ参加ホテルです。

予約サイトで見た時に心惹かれたんだけど、お高くて一度は諦め。
しかし当初5泊するつもりだったホテルに空きが無くて、
イラクリオン3泊+ハニア2泊+4泊へと変更。
晴れて宿泊が可能になりました。(^^)


ホテル自体もとても良かったし(ウェルカム フルーツ嬉し♪)、
周囲のお店でお食事し、港の夜散歩も出来たので大満足!
ここもロビーにATMがありました。

部屋のミニバーにはビッシリ飲み物とスナックが。
フリーの水だけ入ってるパターンじゃなかったのはココだけ。

Porto Veneziano Hotel部屋1

Porto Veneziano Hotel部屋2

Porto Veneziano Hotel部屋3



また、チェックアウト後でもホテルのレンタサイクル使用可能。
大きい荷物を預かってもらってたからか?


KTELのターミナルからは結構離れているのと、
石畳の道が多いので、キャリーケースでも転がすの大変かも。
歩きで20分以上かかりましたよ。←タクシー使えや

そうそう、次のホテルへ移動時に
フロントでタクシーを手配してもらったんだけど、
他のホテルの場合と違って
呼び出し料金5ユーロが掛からないシステムでした。


そして噂に違わぬ素敵な朝食♪
羊のチーズも置いてありました。
フレッシュチーズがクリーミー!
ターキーハムや乾燥サラミ。

飲み物のアーモンド水って不思議〜
ダコスもいちいちオサレで、いつもと違う。
サーモンがのってるのと、鶏肉?が載ってるのを選択。

オリーブの種類も4,5種類あってシャーワセv
パンケーキにもそそられる。

Porto Veneziano Hotel朝食1

Porto Veneziano Hotel朝食2

Porto Veneziano Hotel朝食3


伝統的なチーズを使ったパイ?
あとチーズケーキもある!
配膳室側には、冷たいデザートあったー!!
とまあ、朝から大興奮してました。^^;


翌日はシナモン水に挑戦。ほんのり甘〜くて美味しい!
マウンテンティーはセージとかカモミールとか何種類かあって。
迷ったので「ハーブカクテル」選択。
その後、デザートに合わせてカプチーノ砂糖無しで。


Porto Veneziano Hotel朝食4

Porto Veneziano Hotel朝食5

Porto Veneziano Hotel朝食6
[2017.09.18(Mon) 23:25] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ホテル編3 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行
2軒目のハニアのお宿は、郊外へ3km程行った丘の上。
ホテルから見たハニア市内の景色に心奪われた Royal Sun
(8/16-8/20 4泊)

Royal Sun部屋1

Royal Sun部屋2

Royal Sun部屋3



レセプションでは、英語でゆっくり喋ってくれるので聞き取りやすい〜
そして朝食開始時間より早い出発となった17日には、
朝食BOXを用意してくれてました。

↑いや、フロントにあるものだと思い…
誰も居ないので「嗚呼やはり希国の引き継ぎは…」と
そのまま出発したら、レストランに用意してあったそうな。(ゴメン


30分毎の間隔で、市内への往復無料トランスファー有り。
そして予約サイトには「空港シャトル(有料)」とあったけど、
フロントでタクシーを手配してもらうパターンで空港へ。

泊まる前は「夕食は市内のタベルナへ行ける!」と考えてたが、
疲れてるし洗濯もしたいしで
「観光から戻ってシャワー浴びた後はスッピンのままホテルのレストランで夕食」
というパターンにしかならなかったよ…。


部屋のセーフティボックスは部屋のカードキーを使うタイプ。
初めてだったけど、使い勝手が良くて気に入った〜w
湯沸かし器を始め、珈琲紅茶とちょっとしたスナック有り。
(もちろんフリーで、掃除の際には追加してくれる)


こういった郊外型のホテルではノンビリ過ごそうと思ってたのに、
連日のツアー参加で、慌しかった〜

ある程度片付ける余裕も無く、掃除してもらったのは1回だけ。
充電しようとコンセントに差し込んだ途端にスパークして、
部屋のブレーカーが落ちて復活しなかった日に。^^;


部屋に置かれてた、プリンターから出力したらしいペラ1枚。
そこに書かれていたツアー2つを申し込んだんだけど、
他のに比べてメチャクチャ安い!
1ツアー22ユーロでした。

その分、週末はサマリア渓谷かクノッソス、サントリーニへのツアーのみ。
なのでBalosへ行くボートツアーを泣く泣く諦め。
まあでも半世紀以上生きてるニンゲンには、良い骨休めとなりました。

ツアー案内
 上の2つのツアーに参加しました



ここはギリシャ朝食イニシアチブに参加してはいないけど、
負けず劣らず豪勢な朝食を楽しめます。
パンの種類も多いし、ジャムやマーマレード類も沢山。

他にも暖かい料理から冷菜も揃っていて食べきれない〜!!
おかずだけでお腹いっぱいになってしまうので、
期せずして炭水化物ダイエットに。
(2回目からはケーキ類を増やしたけどね)

フルーツまで辿り着けたのは、3回目の最終日だけ。

Royal Sun朝食1

Royal Sun朝食2

Royal Sun朝食3

Royal Sun朝食4


Royal Sun朝食5

Royal Sun朝食6

Royal Sun朝食7


Royal Sun朝食8
 この景色もオカズのうち♪


[2017.09.18(Mon) 23:10] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析