fc2ブログ
TOP > CATEGORY > ■モザイク写真■
TOP | NEXT

リストマーク トルコ ガジアンテプ考古学博物館番外編1 

2008年12月19日 ()
上から見たモザイク


01と02で紹介したモザイクたちを、上から見た図。
ユーフラテス河畔のゼウグマ遺跡において
こんな感じで部屋割りされていたそうです。



スポンサーサイト



[2008.12.19(Fri) 00:03] ■モザイク写真■Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク トルコ ガジアンテプ考古学博物館02 

2008年12月18日 ()
アンドロメダ姫とペルセウス


カシオペアかーちゃんの舌禍によって
海の怪物への生け贄にされたエチオピア王家のアンドロメダ姫。
そこへ絶妙なタイミングで現れたのがペルセウス
彼は退治したメドゥサの首を持ち、
ペガサスに乗ってお空を飛行中に姫を発見したのでした。

「その顔を見た者は、余りの恐ろしさ故に石になってしまう」という
メドゥサの妖力は、死んだ後も威力は衰えず。
今、まさにアンドロメダ姫に襲いかかろうとする怪物(オバケくじら)の鼻先に
袋から出したメドゥサの首を突きつけます。
すると、オバケくじらはみるみるうちに石化してしまいましたとさ。


鎖で岩に繋がれていたアンドロメダ
ペルセウスが救い出す場面を描いたモザイクです。
姫様が繋がれていた鎖もハッキリ見えますネ。

しかし主役2人にではなく、敢えてメドちゃんに注目!
ここのメドゥサは、なかなかの美人さんで
しっかり描かれておりますよ。
「髪の毛が蛇」って分からないような描写です。


[2008.12.18(Thu) 23:20] ■モザイク写真■Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク トルコ ガジアンテプ考古学博物館01 

2008年11月09日 ()
海神ズ


どでっと腰掛けた海皇ポセイドンを中心に
海の幸(笑)らが周囲を固めております。

下に二人並ぶは、前世代の神々。
ティターン神族の海や河の神様
オケアノステテュス夫妻です。

異なる世代の海神が並列して描かれているのって珍しいと思ふ。



[2008.11.09(Sun) 22:04] ■モザイク写真■Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク モザイク049(チュニジア ブラ・レジア遺跡) 

2008年09月10日 ()
トリトンとアフロディーテ


ブラ・レジア遺跡の北のはずれにあるアンフィトリテの家。
そこにはブラ・レジアで最も美しいとされる
トリトンアフロディーテモザイクが残されています。

↓右半分のアップを2枚
右トリトンとアフロディーテ
 エロスと魚貝類




[2008.09.10(Wed) 16:42] ■モザイク写真■Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク モザイク048(チュニジア ブラ・レジア遺跡) 

2008年09月09日 ()
女性像


ブラ・レジア遺跡の北部に残る住居跡。
ここからは多くのモザイクが発見されています。

これは女性を描いたモザイク
フラッシュを使用したため光ってしまってますが
今から1800年近くも前のものとは思えぬモダンな美人サンです。




[2008.09.09(Tue) 16:39] ■モザイク写真■Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析