fc2ブログ
TOP > CATEGORY > 2012.12-2013.1シチリア 古代遺跡を巡る旅
BACK | TOP

リストマーク カザーレ→エンナ経由シラクーサまで(2012/12/31月曜日) 

2013年07月07日 ()
バックパッカー * 旅行
今日も送迎をお願いしました。
支払いを済ませ、ロビーの椅子に腰掛けて待っていると、
現れたるは、ダンディーなオトウサンMさん。
でも笑った顔が可愛いw

これまでの滞在期間だけの印象ではあるが、
シチリア島のおっちゃん達、レベル高いなぁ!w

若者は愛想無しが多いし、
ご年配も、ムスリム爺ちゃんのラブリーさには、
頭ひとつ届かないのに…(笑)


設備はともかく、ホテルのフロントも可愛い娘さん♪
日本語で「ありがとう」と言ってくれたよ。^^



さて、車は神殿の谷の周囲をぐる〜と回る様に走る。
見上げてみて感じた事。
「砂岩なんだな〜」アグリジェント。



10時半前にピアッツァ・アルメリーナ郊外にある
カザーレの古代ローマの別荘に到着。
ここは40もの部屋を持つ、3世紀のローマ貴族の別荘です。

大狩猟の廊下とか、10人の娘の間とか、
すんばらしいモザイクが在るそうで…。
モザイクスキーは行く前からそわそわw

 入口付近の遺構
入口付近の遺構inカザーレのローマ離宮

 モザイクと排水溝
モザイクと排水溝?inカザーレのローマ離宮

 中庭に入ります
中庭に入りますinカザーレのローマ離宮

 中庭入ってすぐの動物モザイク
中庭入ってすぐの動物モザイクinカザーレのローマ離宮

 中庭北側小部屋のモザイク
中庭北側小部屋のモザイクinカザーレのローマ離宮

 中庭北側小部屋の戦車モザイク
中庭北側小部屋の戦車モザイクinカザーレのローマ離宮

 中庭北側小部屋の森の生活?モザイク
中庭北側小部屋の森の生活?モザイクinカザーレのローマ離宮

 中庭東側小部屋の水着の少女達モザイク
中庭東側小部屋の水着の少女達モザイクinカザーレのローマ離宮

 カザーレのローマ離宮の立体模型
カザーレのローマ離宮の立体模型


うほほ〜モザイク満喫〜♪
浮かれて戻って来ると、
Mさんから日本語版シチリア本のプレゼントが!

ありがとうございます!こういう心遣いが嬉しい♪
ただ…キャラメル一箱の差し入れが本に化けて、
わらしべ長者になった気分ですた。(笑)



お次は“天空の町”エンナ。
残念ながら雲が多くてエトナ山(距離的に無理?)とか、
ご自慢の景色「100%堪能」とはいかなかったのが残念!

 ロンバルディア城内部
ロンバルディア城内部inエンナ

 ロンバルディア城の塔
ロンバルディア城の塔inエンナ


お昼ご飯はこの町で。
フリーで観光するのだと思ってたけど、
観光案内から、美味しいお店紹介までしてくれる運転手さん。

でもカフェでこんなに美味しいリゾットを、
たっぷり食べられるとは思ってなくて。←しかもワイン付でw
カンノーロ(単数形)も独特の作りで、連れて来てもらって良かった〜♪


Caffe Italia
Viesse s.r.l.
Via M. Chiaramonte,12
94100 - ENNA
Tel: 0935.501111


 シーフードリゾット
カフェイタリアンで昼食1inエンナ

 カンノーロとエスプレッソ
カフェイタリアンで昼食2inエンナ

 トイレも芸術的!(笑)
カフェイタリアンはトイレも芸術的!inエンナ



エンナから東進。
カターニアを経由してシラクーサへと向かいます。
緑の濃いオレンジ畑やレモン畑が印象的でした。

途中から、徐々に雲が多くなって来た。
町に入ると、道端のそこかしこに花火が積まれてる。
年が明けたと同時にバシバシ花火を上げるそうです。


16時前に、ホテルにチェックイン。
(Sorella Luna)
最後までチャーミングなMさんでした。ありがとお〜!

移動の事を考えてバスステーションの近くにしたんだけど、
年末年始のせいか、想像以上に場末っぽい雰囲気。
此方の10代とか20代が泊まる感じ?

「危ないから鞄は上着の下に…」とも注意されました。
トボけたオイラ、気をつけねばねば…

 部屋はこんな感じ
ホテル部屋inシラクーサ


鎧戸を閉めると部屋がどんより暗くなるので、灯り点けまくり!(3箇所)
枕元のランプの隣には、ぷち懐中電灯まである!停電要員?
天井は板張りで、他の部屋の話し声が丸聞こえです。^^;


ドン曇りなので、すぐに暗くなっちゃって。
周囲の様子がよく分からない。
食べ物の調達にと、駅へと向かった。
構内には何かしら食べ物が売られているでせう…

調達して来たよ〜!19時に早目の夕食。
カップ麺を忘れ、年越しソバが出来なかったので「年越しピザ」。
TLに流れるアルコール臭に合わせてwお供はドイツのビール。

 年越しピザ
夕飯はピザ!inシラクーサ


前の晩、眠りが浅くて夕飯を食べたら爆睡。
気付けば、1時間半前に新年を迎えてました。^^;

隣の店から大音量の音楽が未だに聴こえてるけど、平気で寝られた。
この大騒音のせいで、花火の音はホンの少ししか分からず仕舞い。
でもさ、こんだけ賑やかならシャワーの音も響くまいw



 ■Sicily sideF エンナとピアッツァ・アルメリーナの写真ページ
         (カターニアも含まれてます)


Open↓

 単位は€(ユーロ)


宿泊費(朝食付2泊)           154.00

交通費(送迎 アグリジェント→シラクーサ)400.00

食費 (シーフードリゾット等)       15.00
 〃 (ピザとビール)           4.00

入場料(カザーレ)             10.00

その他(運転手さんにチップ)        15.00
 〃 (トイレチップ)           0.50


Close↑

[2013.07.07(Sun) 18:45] 2012.12-2013.1シチリア 古代遺跡を巡る旅Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 正月早々シラクーサぐるぐる(2013/1/1火曜日) 

2013年07月07日 ()
バックパッカー * 旅行
深夜2時を過ぎて、隣のお店から聞こえてくる音楽が、
それまでのダンス調からバラードへと変わった。
と同時に、歌入りになって…

ボーカルの兄さんだか、おじさんが調子っぱずれで、ぎぼぢわるい。
自分に酔ってる歌い方がまた…(/ _ ; )

外国の人って、殆どがプロ級?!って感じの歌い手だけど、
たまーに居るんだよ、こういうジャイアン級なのが。
ましゃか異国で、元旦からジャイアンの歌声にうなされるとはっ?!


のたうち回って苦しんでいたら、(笑)
2時半で営業終了な模様。やっと静かになった。
よし、また寝るぞ!





元旦は朝食時間が8時半からです。
炭水化物は、これとコッペパンかフレークの
一種類しか選べなかった…(・ω・)

 ホテル元旦の朝食inシラクーサ
ホテル元旦の朝食inシラクーサ

 超甘々系の食事
ホテル元旦の朝食はスイーツ系inシラクーサ





シュラクーサイ:コリントスからの植民市 紀元前733年
        ゲラの僭主ゲロンが支配の座を移した
         ヒメラの海戦でカルタゴのフェニキア人を破る
         クマエの海戦でエトルリア人を破る
              ↓
         シチリア島の覇者へ
              ↓
        紀元前413年(ペロポネソス戦争の頃)アテネの遠征軍を壊滅
              ↓
        紀元前4世紀前半僭主ディオニュシオス1世のもとで繁栄
              ↓
        紀元前3世紀ヒエロン2世の時代に繁栄は頂点に
              ↓
        紀元前211年ローマの将軍マルケルスに破れる



ダザイの『走れメロス』の舞台にもなった都市と僭主ですな。


10時前にホテルを出て、北上。
涼しい午前中にネアポリ考古学公園を観るのだ。

20分弱で入口に到着。
観光バスも何台か停まっていて、西洋人観光客が溢れてる。


「ディオニュシオスの耳」の近く、竹が生えてて驚いた。
何とな〜く“東洋の植物”というイメージだったので。 

岩盤をくり抜いて作られた、ギリシア世界でも最大規模の劇場跡。
背後からゴーゴー音がするので何かと思ったら、
大量の水が流れ落ちてた。

 考古学公園入口のサン・ニコロ教会
ネアポリ考古学公園入口サン・ニコロ教会inシラクーサ

 ディオニュシオスの耳
ネアポリ考古学公園ディオニュシオスの耳inシラクーサ


 ■ディオニュシオスの耳(画面はほぼ真っ暗)動画
動画:シラクーサ ディオニュシオスの耳(画面はほぼ真っ暗)


 劇場跡背後の穴
ネアポリ考古学公園劇場跡背後の穴inシラクーサ

 劇場跡背後の西側
ネアポリ考古学公園劇場跡背後の西側inシラクーサ

 劇場跡
ネアポリ考古学公園劇場跡inシラクーサ



ここに来て、やーーーーーと猫充でけた!
この“ふてぶてしさ”が好き〜♪

 入口付近の猫さま1
ネアポリ考古学公園入口付近の猫さま1inシラクーサ

 入口付近の猫さま2
ネアポリ考古学公園入口付近の猫さま2inシラクーサ


入口まで戻って、南側にあるヒエロン2世の祭壇と
ローマ時代の円形劇場を見学。

 古代ローマ円形闘技場入口
ネアポリ考古学公園古代ローマ円形闘技場入口inシラクーサ

 古代ローマ円形闘技場
ネアポリ考古学公園古代ローマ円形闘技場inシラクーサ


公園(パラディソ採石場)は奥の方まで入れないみたい。
で、古代のテュケ地区にあるパオロ・オルシ博物館へと向かう。



 州立パオロ・オルシ考古学博物館入口
州立パオロ・オルシ考古学博物館入口inシラクーサ


規模を甘く見てて、最初からじっくり見てしまったのが敗因。
こちらも数ばかり多い。

そして時代が進み、ギリシア系辺りになると、
ここも採光の影響でガラスが光って見えにくい。

 渦巻柄がマルタっぽい
考古学博物館01渦巻板がマルタっぽいinシラクーサ

 トトロ モチーフ?
考古学博物館02トトロ?inシラクーサ

 猫櫓じゃなく、儀式で使用する小屋らしい…
考古学博物館03猫櫓じゃなく儀式で使用する小屋?inシラクーサ

 ヒュドラ対ヘラクレスレリーフの一部
考古学博物館04ヒュドラ対ヘラクレスレリーフの一部inシラクーサ

 レトとアルテミス陶器破片
考古学博物館05レトとアルテミス陶器破片inシラクーサ

 オイデップス王とスフィンクス
考古学博物館06オイデップス王とスフィンクスinシラクーサ

 デメテルとコーレの聖域出土のテラコッタ超沢山
考古学博物館07地母神像?inシラクーサ

 超珍しい!天馬に乗ったゴルゴン像
考古学博物館08超珍しい天馬に乗ったゴルゴン像inシラクーサ

 壷絵
考古学博物館09壷絵inシラクーサ

 ハーデス像
考古学博物館10ハーデス像inシラクーサ

 ヒュゲイア像
考古学博物館11ヴィーナス像?inシラクーサ


13時半過ぎてやっと見終わった。(所要時間約1時間半)
遭難しそうなくらい歩かされたし、最後はもう駆け足状態。
何でこう数ばかり展示するのかすら?
掘り出し物見つけるのが大変だったよ〜!





お次の目的地、オルティージャ島に行く途中でギブ。
HPを回復すべく、沢山人が座ってたバルで昼食。

あれもこれも美味しそうなんだけど、
脳みそに糖分を補給したかったので、カンノーロ選択。
しかし…通常サイズのモノは甘過ぎた!

 カンノーロとカブチーノ
バルにて昼食inシラクーサ



 オルティージャ島に渡る
オルティージャ島に渡るinシラクーサ

 オルティージャ島へ渡る西側の橋
オルティージャ島へ渡る南側の橋inシラクーサ


オルティージャ島の古代名は「オルテュギア島」。
ここにあるアポロ(ン)神殿が目当てです。

パンカリ広場にある神殿(紀元前6世紀)にも、猫さま二匹。
そして『世界ふれあい街歩き』で紹介されてた、おじちゃんの家も健在。
嬉しくて写真撮ってもうたw

 アポロン神殿
オルティージャ島アポロン神殿inシラクーサ

 アポロン神殿隣の“おじちゃんち”
オルティージャ島アポロン神殿隣のおウチinシラクーサ

 猫グッズのお店
オルティージャ島猫グッズのお店inシラクーサ

 東海岸に出ました
オルティージャ島東海岸に出ましたinシラクーサ


海沿いを歩いていたら、こんな猫スキーなお家が!
外に面した4つの窓の上には、写真のような猫画があり、
玄関の木製のドアまで猫ちゃんが掘ってありました♪

 東海岸沿いの猫スキーなお宅
オルティージャ島東海岸沿いの猫スキーなお宅inシラクーサ



歩き疲れたので、アルキメデス広場のベンチで休憩。
その後ドゥオーモ広場へと向かう。

途中で、アルキメデスの定義を発見した時に彼が叫んだという
「えうれか!」からきてる名前のお菓子ハケーン!

 アルキメデス広場
オルティージャ島アルキメデス広場inシラクーサ

 ドゥオーモ広場近くのお菓子屋さん〜エウレカ
オルティージャ島ドゥオーモ広場近くのお菓子屋さんinシラクーサ

 ドゥオーモ広場近くのお菓子屋さん〜カッルビーニ
オルティージャ島こっちはカッルビーニinシラクーサ


ドゥオーモ広場のドゥオーモの前を通ってw
15時半前にアレトゥーザの泉に着きました。
感想は…小さい。あしるが居る。(笑)

この周辺は、屋台やらレストランやら、
とにかく人でごった返ししてる。
シーフードのカホリが罪作りな海沿いです。
そして島の先っぽの城塞は閉まってた…

 ドゥオーモ広場のドゥオーモ
オルティージャ島ドゥオーモ広場のドゥオーモinシラクーサ

 アレトゥーザの泉
オルティージャ島アレトゥーザの泉inシラクーサ


ぶらぶら歩き回っているうちに、陽が傾いてきた。
往路とは違った道を通ってホテルに戻る。
あいぽんのバッテリーも切れる直前〜

 ギリシア時代の港湾施設跡
オルティージャ島ギリシア時代の港湾施設跡inシラクーサ

 西側の橋から夕陽
オルティージャ島南側の橋から夕陽inシラクーサ



 ■Sicily sideE シラクーサの写真ページ



10時〜17時まで、トータル7時間に渡る「歩き通し」観光を終え、ホテルへ。
聞いていた通り、元旦は13時でフロントを閉めているため、
気付かずに通り過ぎちゃった。^^;

どんとでいすたーぶ札下げてたんだが、片付けだけはされてた。(・ω・)



ホテル周辺で夕食がとれそうなお店を探しながら帰って来たが、
ほぼ閉まっててダメ。
昨日賑やかだった隣の店が開けば良いのだが…。

後は少し歩いたトコロに2軒程カフェが。
19時過ぎても開いてますように!←充電が完了するまで出にくいの


夕食へ。昼間寄ったお店は本当に人気で、夜も客が絶えず。
結局そこでテイクアウトしてきて食べました。
アルコールが手に入れられなかったのだけが残念!(笑)

しかしこのお店、まぢ美味い!
アランチーノ(単数形)、一昨日食べたのと全然違う〜♪お腹苦しい〜w
腹持ち良過ぎて、2時間経っても3時間経っても消化が完了せず。^^;

 アランチーノとピザで夕食〜ピンぼけ
昼食バルで買ったアランチーニとピザで夕食inシラクーサ


沢山歩いて、相変わらず汗かいて。
背中に回してあった貴重品袋内のパスポートがふやけてもうた。
なので、消化が済むまで気長に乾燥中…

Open↓

 単位は€(ユーロ)


食費 (カンノーロとカプチーノ)      3.00
 〃 (ピザとアランチーニ)        3.50

入場料(考古学公園)            10.00
 〃 (考古学博物館)           8.00


Close↑

[2013.07.07(Sun) 17:02] 2012.12-2013.1シチリア 古代遺跡を巡る旅Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク どんより雲のカターニア観光(2013/1/2水曜日) 

2013年07月07日 ()
バックパッカー * 旅行
朝食を食べてる時「外暗いなぁ」と思っていましたが、
食後にちょっくらバスのチケットを買いに出ようとしたら
…雨降ってる!?

幸い本降りの時間は過ぎてまして、
傘無しでもホテルと往復出来ました。やでやで…
こんな天気の日に移動すんの嫌やなぁ〜



ガイドブックには「バス乗り場へは早めに行くか、
前もってチケットを購入」…と書いてあったので、
時間を言って買ったのだけど、その表記が全く無し。
販売員に「どこに時間書いてあるの?」と尋ねても要領を得ぬ。

時間指定無しなのね…。
同じ時間帯に乗る人が集中したりしないのかな?



カターニア行きのバスは、
シラクーサ市内をぐるぐる回って客を載せる。
それを出発から30分近くやってた。それから北上。

この間にも、あちこちに遺跡跡ハケーン!
実に歴史有る町だねぇ〜



カターニア空港へは1時間強で到着。
それから5分走ってドゥオーモ南のターミナルへ。
ココで降りちゃった。ホテルまでおよそ650mの地点。

市内に入ってからは、地図を眺めつつ場所をチェックしてて正解。
終点まで行くと1.5kmの道のりを、
およそ半分に縮める事が出来た♪
ここから北上してホテルを目指します。

 ドゥオーモ広場の大聖堂?
ドゥオーモ広場の大聖堂?inカターニア


予約した時点では気づかなかったけど、
『地歩』にも『ロンプラ』にも載ってるホテルでした。
(Il Principe Hotel Catania)

フロントの、デキル女風お姉ちゃんテキパキと格好いい。(笑)
明日早朝のタクシー予約も完了。
Wi-Fiパスワードも教えてもろた。

408号室へ。部屋広い〜!
1時間強、あいぽんの充電と目的地地図登録に費やす。

おっとその前に、トルコ航空のチェックイン完了。
アリタリア分は
「同日他社乗り継ぎ便が有る時はダメ」と有るので止めておく。

 ピンぼけホテル部屋水回り
ピンぼけホテル部屋水回りinカターニア

 ピンぼけホテル部屋
ピンぼけホテル部屋inカターニア



さてさて、観光観光。
しかし歩いているうちに雨が降って来ちゃったよ。
で、円形闘技場に向かう途中で雨宿り兼昼食。

メニューの小さい文字が見にくい…orz ロウガンツライ
片言英語で注文。


Salva
Fratelli La Bufala: Recensioni di ristoranti
Via Giacomo Puccini 24/26, Catania, Sicilia, Italia


 お水
リストランテで昼食1inカターニア

 ニョッキ
リストランテで昼食2inカターニア

 リモンチェッロ
リストランテで昼食3inカターニア


最初頼むつもりだったスープもパスタも「無い」との事で、
メインのニョッキ一品のみで許してもろた。(でも腹一杯)
西洋諸国に比べて、注文の仕方がそんなに厳密じゃなくなった気がする。

この旅でパスタ系3回頼んだけど、全て異なるものになったわ。
言葉分からない割に凄いな私w


そして、お腹一杯だから大丈夫だろうと頼んだリモンチェッロ。
レモンのリキュールと聞いてたんだが、やたらアルコール強くね?

すっかり酔いが回ってしまい、1時間程その場で待機。
立ち上がると酔いがまわる〜

ちょくちょく様子を見に来る店員さんに申し訳なくて
「コレ超強くて顔真っ赤〜」と身振りで伝えたら
ちゃんと分かったみたい。(笑)





少しアルコールを落ち着かせてから(笑)
真っ黒な火山岩で出来た円形闘技場へ。
ココにも白黒猫さまが!一族か?

一匹、堂々とした猫さまが居る。
この仔以外は普通に逃げるのに、貫禄あるぅ〜!
ポツンポツンと飛び出てる白い毛が、チャームポイントですw

 円形闘技場1
円形闘技場1inカターニア

 円形闘技場2
円形闘技場2inカターニア


 円形闘技場の猫さま1
円形闘技場の猫さま1inカターニア

 円形闘技場の猫さま2
円形闘技場の猫さま2inカターニア

 円形闘技場の猫さま3
円形闘技場の猫さま3inカターニア

 円形闘技場の猫さま4
円形闘技場の猫さま4inカターニア



さてさて、残る劇場へと向かいます。
途中で観光列車に遭遇しました〜

 ローマ劇場北側の道で観光機関車に遭遇
ローマ劇場北側の道で観光機関車に遭遇inカターニア



入口が南側だとは思わなくて、北側をぐるりと回って行きました。
そのお陰で観光機関車を観られたんだけどね!

劇場にも使用されてる岩は黒い火山岩みたいなんだけど、
発掘中の場所とか地面を見てると、土地自体は砂岩っぽい。
そして、建物に取り囲まれてて“肩身が狭い”印象でした。

 ローマ劇場受付にて〜おっちゃんと猫
ローマ劇場受付にてinカターニア

 ローマ劇場
ローマ劇場inカターニア





劇場跡見学後はドゥオーモ広場へ。
今回全然買い物してないのよ〜

夕闇迫る中、高級そうなお菓子屋さんで、会社で配るお土産購入。
こんな値段の買うの初めてかも?!(いつも安物でスマヌのぉ〜w)
しかも箱を包装してリボンまで!


Ortensia Prestipino


 ドゥオーモ広場の噴水・象じゃない方
ドゥオーモ広場の噴水象じゃない方inカターニア

 ドゥオーモ広場のお菓子屋さん
ドゥオーモ広場のお菓子屋さんinカターニア



 ■Sicily sideF カターニアの写真ページ
         (エンナとピアッツァ・アルメリーナも含まれてます)




明日は4時出発で帰国便に乗るので、
必死で荷物つめつめした夜でした。





今回の旅で泊まったホテルには全て、
10本近い数のハンガーが有ったし、洗面所も洗濯に充分な大きさ。

お陰でいつも持ち歩いてる、折り畳み式洗濯ハサミ付ハンガーと、
膨らますタイプの洗面器の出番が全く無かった。
この二つは、文明国には不要か…^^;


Open↓

 単位は€(ユーロ)


宿泊費(朝食付2泊)           100.00

交通費(バス シラクーサ→カターニア)   6.00

食費 (ニョッキ等)            14.80
 〃 (水等)               1.90

入場料(ローマ劇場跡)           6.00

その他(昼食チップ)            0.20
 〃 (会社土産)             38.00


Close↑

[2013.07.07(Sun) 16:10] 2012.12-2013.1シチリア 古代遺跡を巡る旅Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク そして帰りも遠かった(2013/1/3木曜日-4金曜日) 

2013年07月07日 ()
バックパッカー * 旅行
朝のフロントは、渋いおじいさま。
夜から居らしたから、遅番勤務?

ここカターニアではチェックアウト時に
都市税が追加で請求されます。
小銭、残しておこ〜ね〜w



南イタリアなのに(失礼)、時間に正確な運転手さん登場。
人通りも交通量も殆ど無いので、あっと言う間に空港へ。
パンを焼くカホリが充満してる…ハラヘリハラヘリ

チェックインカウンターもセキュリティーも中々開かなくて飽きた〜
眠いしお腹空いたし、辛い時間ですた。^^;



セキュリティーチェックを抜けた先の待合室。
早朝だけど、お菓子屋さん開いてる!
何か食べる物は〜と入ってみたら、モディカチョコーーー!!

今回行けなかったモディカの名物を、イキナリ空港でゲトしたぞ。
お財布に入ってる、ユーロの端数ギリギリまでこうたで〜!

またそのお店には、超甘そうなカンノーリが
「私を食べてv」とばかりに、大量に鎮座しておりました。
でも我慢したさあ!だってチョコ買っちゃったら、
財布には50ユーロ札と2ユーロちょいしか残ってないんだもの〜



空港職員はノンビリしてましたが、
フライトは定刻でいく気みたい。
ほぼ定刻にローマ着。

さて乗り継ぎ乗り継ぎ…
TKカウンターは、またもや隅の隅。

ここのセキュリティーも檄混み。
抜けるのに時間がかかったぁ〜


旅の間、余りにも買い物をしなかった反動か、
ここ乗り継ぎ地で、まさかの食材買い出し。

日本直行ではないので、生と水分は避け、
パスタ2キロとボルチーニ茸購入。4,500円以内なり〜

でも重い…。買ったばかりの布製バックに入れたんだが、
縫い目がほつれてきた。自宅まで、どうか耐えて〜!(>_<)
一度預け荷物を受け取った時に、チョコを入れておいて良かった…



10時半過ぎに搭乗始まる。
機内に漂う美味しそうなカホリ…
定刻30分後に君府に向けて離陸した。

ナポリ北西のヴェントテネ島。
右横にヴェスヴィオ火山も!
風力発電の風車って、飛行機からも分かるのね。

 機内よりナポリ南東ヴェスヴィオ火山
機内よりナポリ南東ヴェスヴィオ火山


12時過ぎに機内食。
珍しくビーフにしました。キョフテだったみたい。
眠くてボケてるのに、飲み物はビールにしちゃった♪

 ローマ→君府間機内食
機内食06


ギリシア上空に入る。
オリンポス山は見えなさそうなルートで残念。
でもサロニカ手前の雪山らしいのは見えたよ〜

 機内よりギリシア領空内?
機内よりギリシア領空内?





ここからはトルコ時間。
日本との時差は7時間ね。

ドン曇りの君府空港ラウンジに無事潜入!∠(*^∀^*)
スタアラ黄金の有り難みを実感しました。

この時間だと人は多いし、料理も沢山。
でもさっき食べたばっかだからおつまみとスープで我慢。←我慢じゃねぇ?


15時過ぎから1時間半強をラウンジで過ごしてから、
同便で帰国予定の、ツイ友カオリさんを探しつつ搭乗口へ。

219番ゲートで受付したら、イキナリ座席番号消された。
「うげっ!」と言ったら、まさかのビジネスへアップグレードでした!
旅の初めに色々苦労した事が、ここで報われた気がしたw 

でも、カオリさんとは出会えず仕舞いだった…←後で笑い話に


↓ここから先は、浮かれた庶民のビジネス体験談です。ご注意!(苦笑)
-------------------------------------------------------

 人生2度目の長距離線ビジネスクラス
人生2度目のビジネスクラス


広々とした席に座ると、まずはウェルカムドリンク。
昼間っからビールを開けてしまったので、
今回はソフトドリンクをば。

何種類もあるゴディバのチョコからひとつを選択。
端から取ったら、苦手はホワイトチョコでした…orz

 ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク


おつまみ。ナッツも何種類も入ってるよ!
飲み物はシャンパンにしましたv
串揚げみたいな前菜あり

 おつまみ
おつまみ


前菜(メゼ)も数種類から選択。
スモークサーモンとシーフードサラダ、
“坊さんもビックリ”茄子料理イマーム・バユルドゥの3種を選んだ。

 前菜盛り合わせ
前菜盛り合わせ


スープの有無も選べました!
横は黒オリーブの載った固い薄パン。
メルジメッキスープだったかな?

 チョルバ(スープ)
チョルバ(スープ)


スッチーさんの日本語が聞き取れなくて
「魚」を聞き漏らした!…で、バジルソースのペンネに。
チーズもごっそり。美味いけど、イタリア帰りには飽きた…

 メインはパスタ
メインはパスタ


フルーツも選択制。
何だかんだと全種類よそってくれたので、
チーズとケーキを食い漏らしたわあ〜

 ピンぼけデザート
デザート


19時半前に食べオワタ。…腹苦しい!w
これからバクーの北方からカスピ海に入ります。



飛び立ってすぐは、冬の大三角がベカベカ輝いていたけど、
今は傾きかけたオリオンが分かるくらい。
月明かりのせいだった。



日本時間9時起床。
まずお手拭き、飲み物サービス。
ポルタカルスユ(オレンジジュース)もろた。

朝食!
夕食後、ルームサービスの様なメニュー表の、
希望品にレ点を付けて提出してあったのだ。

スムージに蜂蜜にミルクティーetc...
ビジネスクラスでも、やはり卵料理は残念な出来。
一度コンフォートでフカフカオムレツに出会ったっきりだなぁ。
あと七面鳥のハムサンドも有り。

 朝食一式
朝食一式

 オムレツ
オムレツ



ビジネスクラス感想:
精神的にはエコノミークラスレベルの人間なので、
次から次へのサービスにあたふた。(笑)

メニューには日本語訳もあったけど、微妙におかしい。
配られたらサッサと何を頼むか決めないと、
スッチーとシェフ二人がかりで選択を迫られるぞ!(笑)


あと、ブランケット、最初半纏かと思った。^^;

 半纏風掛け布団ふわふわ〜
半纏風掛け布団


コンフォートより少々狭いスペースに28席。
そして今回は、10名に満たないお客さん。
広〜いの何のって!

でも相変わらずトイレのお掃除は手抜きで、ゴミ箱一杯でした。
こーゆートコロをしっかりしないとねぇ〜って思うわ、日本人は。
スタッフの溜まり場を抜けないとトイレに入れないのもなぁ〜^^;

-------------------------------------------------------------



10時40分過ぎに着陸体制に入る。
着陸後、別ルートから優先的にターミナルに入れるのね〜


入国、荷物受け取り、税関抜け、鉄道駅へ…と来たところで、
溜まっていたツイートを受け取れた。
結果、カオリさんも事情あって、
同じビジネス席に居たそうです。(爆笑)

朝、トイレの前ですれ違いましたね〜^^;

お話こそ出来ず残念でしたが、
ニアミスもまた、記憶に残る思い出となりました。^^



乗り換え等で、外気に触れると寒いの何のって!
「晴れてるのに寒い寒い」とツイートしまくっていたら、
ツイ友さん達から「今日は特別冷え込んでるんだよ〜」って。

その節は、大騒ぎツイート失礼しました…^^;
心して過ごしたので、気温差による風邪も引かずに済みましたです。


Open↓

 単位は€(ユーロ)


宿泊費(朝食付1泊クレカ払いと宿泊税)   80.50

交通費(タクシー ホテル→空港)      30.00

その他(運転手さんにチップ)        10.00
 〃 (食料品お土産)           37.20


Close↑

[2013.07.07(Sun) 15:20] 2012.12-2013.1シチリア 古代遺跡を巡る旅Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析