fc2ブログ
TOP > CATEGORY > ぷれ旅ノ記憶
TOP | NEXT

リストマーク 迫力が伝わるかな? 

2017年05月14日 ()
海外旅行 * 旅行
2度目の南米旅行で、パタゴニアへ行って来ました。
この氷河が見たかったんだけど、
まさかオフシーズンに何度も崩落を見られるとは…!?

動画:ペリトモレノ氷河の崩落


スポンサーサイト



[2017.05.14(Sun) 23:37] ぷれ旅ノ記憶Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 両替はどうする? 

2014年12月14日 ()
海外旅行 * 旅行
何かと時間と手間ばかりかかるトルコでの現地通貨両替対策として、
今回の旅行で初めて海外専用プリペイドカードを使ってみました。

一回200円の手数料は高く感じたけど、
両替場所によってはそれ以上徴収される事もあるし、
レートも1TLが51円以内の計算だし、
何より時間がかからないのが助かる!


ただ昔、初めてクレジットカードでお金を下ろそうと
ATMに入れた途端に喰われた経験が有るので、
必ず銀行のソレを使用し、かつ平日の昼間、
その銀行が営業している時間に操作しました。
前の人が確実に受け取れてる事も確認してからねw



あと、噂には聞いてたトルコのクレジットカード発行ブームを肌で実感したなあ。
ちょっとした食堂でも清算用の機械が三種類置いて有るし、
お昼ご飯をカード支払いしてる地元のおねーちゃんとか見たし。
有る意味、20年前位の西欧レベルのクレジット社会になってる感じ。



以下、旅のお小遣い帳をつけていて、何となく感じた事。
1)ギリシア編
 3泊したホテルの支払いをクレカにしたところ、レートが140円行ってなかった。
 この時期、日本で現金→現金に両替した場合、常に140円ラインは超えているので
 クレカの方がオトクだった。

2)トルコ編
 ホテル2軒ともクレカ払い。やはり50円を切ってる。

 一方、現金は海外専用プリペイドカードでATMから引き出した。
 1回につき手数料200円を取られるので、
 それも含めてレート計算してみたら51円を超えた。

 年末年始に銀行で現金から両替した時は100円近く行った時もあったんだよね…

3)結論
 何時の間にやらクレカ最強に?(・ω・)
 ポイントも溜まるしなぁ〜


[2014.12.14(Sun) 11:12] ぷれ旅ノ記憶Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ギリシャ政府観光局のサイトには載ってないけど… 

2009年05月12日 ()
ギリシャ * 海外情報
生きてます~!
マケドニア地方と、小豆島の姉妹島を見て来ました。
旅行記は後でまとめるとして…
取り敢えずは「地下鉄不通状況」をば、ご報告。


ギリシャ政府観光局のサイトで、
空港まで行く郊外列車路線が工事中であることは掴んでいましたが、
まさか地下鉄でも大掛かりな通行止めがあろうとはっ!

ギリシア語読めないので、詳細まではわかりませんけど…。
どうも今月8日くらいから、ライン1のオモニア駅中心に
何駅もの区間が通行止めの様子。

知らずにピレウス港からシンタグマ広場駅に向かおうとしたら
切符売り場で印を付けながら路線図を渡され
「ここから工事中だから、バスに乗り換えて
 モナスティラキまで行って」と言われました。
4つ目くらいの駅から先が駄目な様子。

他の欧州の旅行者も居たので、他力本願(笑)で付いて行って
バスには無事乗り込めました。しかし…
今度はモナスティラキで降り損ね、
「オモニア広場で乗り換えればいいや~」と思っていたら、
そこに着く随分手前でデモ隊規制により途中下車を余儀なくされちゃった。


翌日は考古学博物館の先へ行く予定で
シンタグマから地下鉄へ。
ラインが違うこと気づかず、オモニアを過ぎてしまいました。
「アッティカで乗り換えればいいや~」(←懲りてない)と、
下車して、別の乗り場に向かったところキープアウト!

「え”???」
どうもオモニア駅から先も、まだ工事中のようです。
ライン1路線は旅行者もよく使うのに、
未だに観光局のサイトにも書かれていないよぉ~


近日中にアテネ市内に行かれる方はお気をつけて!
目的地に行くバスの番号も調べて行ったほうが無難だと思います。
いつ終わる工事なのかも分からないからねぇ。(苦笑)

地元の人も、駅係員に食い下がっていたものなぁ。
アテネっ子たちにも寝耳に水だったのかも!?



[2009.05.12(Tue) 21:58] ぷれ旅ノ記憶Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 広大なる 

2009年01月18日 ()
旅先での風景 * 旅行

 アルホッガーの奇峰群


アルホッガーの奇峰群

2008/12/26 アルジェリア南部のアセクレム高原にやって来ました。
フランス人宣教師シャルル・フーコーの教会がある展望台の先から見た風景。
アルホッガーの奇峰群が目の前に広がっています。
ギリシャのメテオラもこんな感じなのかな?



 ティン・メルズーガの大砂丘


ティン・メルズーガの大砂丘

2008/12/30 アルジェリア南東部タッシリ・ナジェール国立公園内にある
砂丘のひとつティン・メルズーガ
強風が吹きすさび、傾斜は急!しかし夕陽に染まる景色は正に絶景。
この広大さを写し撮るのに、360度回転する以外の方法があれば!!



[2009.01.18(Sun) 23:24] ぷれ旅ノ記憶Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク パシンレルの温泉 

2008年09月16日 ()
バックパッカー * 旅行
踏切渡ります

家族の温泉ホテル


 7/15
エルズルムから40キロ程離れたパシンレルへ。温泉に入るのが目的です。
今回は事情があって、おリッチにタクシーで移動しました。50YTL

 もう少し交渉すれば良かったんだけど…
 初日に乗ったタクシーが、メーター使用にも関わらず
 やたら高かったので&デノミで金銭感覚狂っちゃいました…;


町に入り、まずは左手にあったバス会社で13時半発のチケット購入。15YTL
写真1の右手にバスが写っているでしょ?
これがエルズルム~パシンレル間を結ぶ市営バス(?)です。ここが停留所。

国道の南側にある踏切を渡り左折。(車なので右から回り込みました)
共同浴場の銀ドームを左手に見ながら道路に沿って右側に進んだところが
運ちゃんが連れていってくれたKALE OTEL PHASIS。写真2です。


蛇口からお湯が! 個室のドアの内側はこんな感じ

入口入って左手が共同浴場になっているとか。
右手が個人や家族用の個室です。

ではでは、個室に入ってみます。
お湯はそんなに硫黄の匂いはしませんね~
写真3に写っている蛇口からお湯を湯船に溜めます。
栓は金属製の重~い釣り鐘風のもの。錆びがすごいです。

湯船から個室のドアを撮影してみました。 [写真4]
隣部屋 (?)の右手がリラックスするためのベッドです。
1時間位のんびり“打たせ湯”なんぞしてました。

 ここ糖尿病にも効くんですねぇ。
 飲めば良かったのかしらん? ←糖尿病と癌の家系のオイラ


ここ小キャビンとタオル代合わせて7YTLでした。
家族で入れる大キャビンは10YTLと書いてありました。
廊下にはドライヤーまで備え付けられてます。
ワタシ? 最近は専らショートカットなので必要ないっす。


ホテルの入口を入った廊下

お腹がすいたので腹ごしらえ


さっぱりしたところで、バス会社のオフィスまで歩いて戻ります。
家族用キャビンから出てきた子供を抱いたお母さんがいい雰囲気♪ [写真5]

結局、炎天下の道を戻るうちに汗びっしょり。あや~
時刻は丁度お昼時。オフィスと同じ通りに面したロカンタで昼食です。
でもちょっと値段が高い気がすんだけど…。
缶ジュース2本と料理2皿で10YTL。ケチり過ぎですか? [写真6]



[2008.09.16(Tue) 20:24] ぷれ旅ノ記憶Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析