fc2ブログ
TOP > 晩秋の地中海へ!(2009/10/29木曜日-30金曜日)
 ← タイトルなし | TOP | 遺跡巡りスタート(2009/10/31土曜日)

リストマーク 晩秋の地中海へ!(2009/10/29木曜日-30金曜日) 

2010年03月22日 ()
バックパッカー * 旅行
 ◆リキア地方に関するサイトとしては ↓ がおススメ!◆
 「Lycia, Turkey and the Ancient Lycians - All About Lycia




 10/29 出発日


今回は関空経由でトルコ入り。
仕事場から直行したので、
京急と羽田空港の混雑振りにクラクラ。

ゲートまで行ってみれば、
20時20分発NH-149便は「機材の手配がつかない…」とか、
パキスタン航空のような理由(笑)で30分近く遅れた。


丁度、成田にB777-300が就航した時期だったせいか、
こちら関空便は乗客がとても少ない。

お陰で思いっきり身体を伸ばせたものの、
仕事で目を酷使した後の長時間フライトはやはり辛い。
目からくる不調が始まってしまい、
2回目の機内食は殆ど食べられなかった…。

またもや波乱な旅の始まりです。





 10/30 アンタルヤ経由オリンポスOlymposまで


入国しても頭痛と吐き気が続く。
なので出発まで国内線ターミナル近くの椅子に座って寝てた。
起きた頃には少し回復。

8時25分発TK-410に乗り込む頃には雨~!
霧雨だからシットリ濡れるし、とにかくさぶー!!
こんな気温じゃ耐えられないよぉ~

体調は、さっきの睡眠と機内でのそれとで随分と回復した。
機内食もしっかり食べてしまった…。
トマト・キュウリ・ベヤズペイニールのサンドウィッチは定番?
帰りも同じだったナ。


アンタルヤの空港到着!晴れ!!暑い!!!日焼けする~
さすが地中海だ♪

バスで空港建物に向かう時、係員が名前を呼ぶ。
呼ばれた数人だけが別のバスに乗り換えた。
国際線乗り継ぎだった数名のみが、
しけた国際線ターミナルに誘導されたらしい。

しかし、そのことに気がついたのは
帰国するために空港に戻って来た時。
この時は、まさか隣に国内線ターミナルがあって
繁盛してるなんて全然気がつかず。


ここのインフォメは良かったよ♪
おじちゃんが沢山の資料をくれました。

そこでもガイドブックにあるように、
ハワシュのバスで市内に行く方法を教えられ、
時刻表まで貰ったのに…。

バスの発着場所を片っ端から尋ねるが、知らない人ばかり。
「ターミナルの前」とか、実際とは違うことを言われたり。
あちこち歩き回っていたのにバスに遭遇出来ず、4時間空港に缶詰。

最終的には、交通整理をしてる職員から教えられた
「14時過ぎ発の202番バス」に乗って脱出。
空港の向かいにある警察署(らしい…
でかいトルコ国旗が翻ってます)前停留所から乗ってオトガルまで。
渋滞で1時間近くかかったけど、料金は1.20TLだし、楽チン~♪


オトガルに到着。
目の前にあった建物に入ろうとしたところ、X線検査が。
でもこちらは長距離バス用だったらしく、隣の建物に更に移動。
オリンポス行きは3番ホーム。
15時20分発のバトゥ・アンタルヤ社のバスに乗った。


オリンポスへと向かうバスとの待ち合わせ場所、
命名「峠の茶店」到着はおよそ2時間後。
目の下に広がる木々の海。おー凄いトコに来たなぁ!

オリンポス・ツル社のオリンポス行きドルムシュは
既に停まっていたけど、出発は17時半頃になってから。

もうかなり薄暗くなっているので、
気持ち的にも体力的にもあれこれ吟味する余裕無し。
ガイドブックに載っていて、サイトもチェックしてあった
SABAN TREE HOUSE前で降ろしてもらいました。

ついでにオリンポス発の時刻が
「朝は8時半から2時間ごと。18時半発が最終」であると、
車内に貼ってある時刻表を使って教えてもらう。

 これも数日後に分かったことだが、
 他にもチチェック・ツル社や
 クムルジャ・セヤハット社のバスも走っていて、
 1時間ごとに国道まで行けるようでした。
 後者のバスが到着する“峠の茶店”は違うんだけどね



ツリーハウス
ツリーハウス(別の日に撮影)



ギリギリ10月だったので、1泊朝食・夕食付で40TL。
国立公園内と言うこともあり、
周囲はうっそうとした松林に囲まれてます。

案内された一番奥にある29番小屋。
「やでやで」と荷物を置いて、
バスルームで手を洗ってうがいを………って

んぎゃー!何!?

あ、枝ね、木の枝…
ちゃうでぇ、手があるー!!!
電気をつけてよく見てみれば、黒色のサソリ!!!!!
なんでこんなトコロにサソリが居るわけ~???

驚いてはいるものの、ついつい観察してしてしまうワタシ。
大きさは5センチ程度。
ハサミの先まで入れると7、8センチくらい。
砂漠で数回見たことはあったけど、トルコでは初めてだよ!

幾ら小さいとは言え、毒持ちかもしれないし、
洗濯するのに邪魔だな…。(笑)

そこでバンガローの外に沢山落ちている松葉を拾って来る。
これでチビサソリを突っつくと、ハサミで挟んでくれたので、
そのまま釣った状態でお外の岩陰にご案内。
ここ敷地の一番奥だから、間違って踏んでしまうこともないでしょう。

バンガロー内のベッド
バンガロー内のベッド


バンガロー内バスルーム
バンガロー内バスルーム(手前にあるのはタンス)



夕食はバイキングと給食形式の折衷型で、この時期19時から。
パンや前菜は自分で皿にとるけど、
“今日のメイン料理”はよそってくれるのです。

ロカンタで食べられるようなメニューもあったけど、
家族経営なので家庭料理なんかも食べられる。
少量多種の食事が摂れて、
一人旅にとっては願ったり叶ったりの食生活です。

他にも泊まり客が沢山居て、食堂のテーブルはほぼ満席。
家族連れが多く最低でもペアなので、
ちょっと話しかけにくい雰囲気。
ま、ドイツ語圏の人ばかりなようで、分からないからいっか!


ここに至るまで30時間を越える長旅。
すっかり頭もボケボケになっていて、
ヤナルタシュ(燃える石)ツアーに誘われ“渡りに船”だったのに、
10分後を10時と聞き間違って22時に食堂棟へ。
当たり前だが、もうとっくに終了してましたわ。←痛恨の一撃(笑)


その夜、雷を伴った強い雨が降り出した。やはり「ちっちゅうかい」は雨季?



 ■旅のおこづかい帳 ↓


 単位はTL(トルコ・リラ)


交通費(バス 空港→オトガル)      1.20
 〃 (バス アンタルヤ→峠の茶店)   8.00
 〃 (バス 峠の茶店→オリンポス)   3.00

食費(夕食時飲み物)           2.00


スポンサーサイト



[2010.03.22(Mon) 22:10] 2009.10-11トルコTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

ご来店ありがとうございます♪ by えるま
いらっしゃいませ!
コメントありがとうございました♪

なのになのに…
今年始めに「やってもーた」OSアップデートが祟ってしまい
旅行記が進まなくて申し訳ないです〜

リキア地方、魅力的で大好きですv
これからもちょくちょく通うつもり満々ですので
どこかですれ違うかもしれませんね!^^

コメントを閉じる▲

 ← タイトルなし | TOP | 遺跡巡りスタート(2009/10/31土曜日)

COMMENT

いらっしゃいませ!
コメントありがとうございました♪

なのになのに…
今年始めに「やってもーた」OSアップデートが祟ってしまい
旅行記が進まなくて申し訳ないです〜

リキア地方、魅力的で大好きですv
これからもちょくちょく通うつもり満々ですので
どこかですれ違うかもしれませんね!^^
[ 2014.07.20(Sun) 22:45] URL | えるま #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/124-8f446442
 ← タイトルなし | TOP | 遺跡巡りスタート(2009/10/31土曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析