FC2ブログ
TOP > パフォス市内を歩き回る(2011/8/13土曜日)
 ← ラルナカ空港からパフォスへ(2011/8/12金曜日) | TOP | 考古学エリアでジリジリ焼かれる(2011/8/14日曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク パフォス市内を歩き回る(2011/8/13土曜日) 

2011年11月13日 ()
バックパッカー * 旅行
こっち時間に身体がすぐに適応。
の~んびり用意してるから、
あっという間に時間が経ってしまう。

更に暑いので、積極的にバスに乗ってまで
遠出する気がみるみる失せてもうた。
んで、市内観光に変更。
まずB20とあるバス通りを、遺跡を見つけながら北上します。



大きな地図で見る


 聖ソロモニのカタコンベ
13105127聖ソロモニのカタコンベ

地下にも降りられます。


 石切り場とか
13110049聖Lambrianos石切り場

 石切り場のモザイク
13110533聖Lambrianos石切り場モザイク

石切り場の所から中へ入り、上へ登ることが出来る。
奥の方にも古代劇場跡等があるそうだけど、
よぐ分からなかったな。


 RomanホテルII
13111205RomanホテルII

王家の墓に向かうべく海寄りに進路をとった場所にあった。
どうやら内部もこんな感じでド派手らしいよ。
泊まってみたいような…うなされそうな…w



王族の墓へ到着ぅ~
ココ、世界遺産のひとつです。

現在の土地の高さより低い位置にあるので、
一見ただのデコボコした土地。
紀元前3世紀から紀元後3世紀の頃のもの。

 王族の墓入口
13113608王族の墓入口

 屋根の下の発掘物
13121858屋根の下の発掘物



あぢぢぢぢ…
持ち歩いてる水筒はほぼ空になってしまった。
遺跡を出てから、小さいサイズの水を買い求める。

お次は上の町パノ・パフォスにある考古学博物館。
雲が多めになって、気温は少し下がったよう。
今のところ33~35度位をうろちょろしてます。


大通りを歩いていたら、後ろから来た車に通せんぼうされた。
避けて先に進んだら、運転席の初老のおっちゃんが
「日本人か?」と聞いてくる。

ギリシア国内では、どんな小さな町に行っても
日本に寄港したことがある元船乗りさんがおるんで、
それで話しかけてきたのかと思い「そうだ」と答えたら…
「日本人の女性が好きなんだ。おいでおいで」と、
しつこくついて来るんよ。

こんな手に乗ってくる人なんて居るんかいな?
もち無視してウォーキングを続ける。(笑)



と、遠いぜ博物館。乾いた身には上り坂が辛かった。
途中、蝉の声が降り注いでいたなぁ。
ガタガタガタ…っちゅう感じ。
アブラゼミに近いのかな?ミーンミーンでは無かったよ。


大きな地図で見る 考古学博物館


館内は、未だ一切写真撮影禁止。
ココでは荷物も全て預けさせられた。
こんな誰も来ない郊外の博物館で二名勤務は、
人件費の無駄な気がす。^^;
あ、お庭にはローズマリーが群生してて良いかほりです。
 ↑ フォローしてみたw

展示品気になる1:人体版ホットウォーターボトル
 まるでバラバラ死体の様な、各部分を象った温水容器。
 こういう悪趣味なモノが時々有るのよねん。

展示品気になる2:オルフェウスの竪琴の音に聞き入る動物たちレリーフ
 後ろ足が無くて、蛇の様な蜥蜴?
 右は亀。その右側はカタツムリ。
 こんな小さな生物までもが聞き惚れてるレリーフは初めてかも?

 博物館と王族の墓入場券
13173056博物館と王族の墓入場券



喉乾いたぁ~
このままではホテルまで持ちそうにないっす。
道の途中にあったカフェ兼パン屋さんで水分買い出し。
美味しそうだったので、翌日の朝食用パイもね♪
 

水分を補給しながらチビチビ歩く。
ホテル近くまで戻って来たら、15時半近く。
T字路突き当たりのお店でテイクアウトした。
タコが売り切れの為、イカフライとマッシュルームに♪

注文を受けてから作るので、ホカホカで柔らかいよぉ~♥
ちゃんと中身を見せてくれてから包装してくれたお店の人に、
好感度あぷ!

 本日の昼食兼夕食
13155013カラマリとマッシュルーム


16時前に帰還。
しかし足の甲が真っ赤に焼けてしまい、痛い…。(/ _ ; )

摂取した水分は、全て汗となって吹き出した様子。
着てたTシャツ脱いだらば、幾つもの塩ラインが…^^;
キプロス産天然の塩は要らんかね?(笑)



泊まってる部屋は、西に向いてテラスがあります。
テラスへの窓は、午後は強烈な日差しに照らされて熱い!
出かける時に片方開けておいたら、
触れないくらい熱くなって動かなくなってた。熱膨張?!


ペルセウス座流星群極大を迎えるこの時期。
雲は南から北へと流れて行く。
ホテルの電気が明るいから、明るい流星でないと見えなさそう…。
Mi-Fiのお陰で天文関係アプリをテラスで使いまくる怪しい客デシタw

13200427テラスから夕陽





 単位は€(ユーロ)


食費 (水分)               4.35
 〃 (昼食:カラマリとマッシュルーム)  5.00
 〃 (朝食用ほうれん草パイ)       2.20

入場料(王族の墓)             1.70
   (考古学博物館)           1.70


スポンサーサイト
[2011.11.13(Sun) 16:30] 2011.8キプロスTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ラルナカ空港からパフォスへ(2011/8/12金曜日) | TOP | 考古学エリアでジリジリ焼かれる(2011/8/14日曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/149-38f3e62f
 ← ラルナカ空港からパフォスへ(2011/8/12金曜日) | TOP | 考古学エリアでジリジリ焼かれる(2011/8/14日曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析