FC2ブログ
TOP > 遺跡ー!!(2012/1/4水曜日)
 ← 都市は苦手(2012/1/3火曜日) | TOP | 遺跡に到着するまでが大変(2012/1/5木曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 遺跡ー!!(2012/1/4水曜日) 

2012年02月12日 ()
バックパッカー * 旅行
前の晩に「朝飯は要らないぜ」宣言して、8時に宿を出る。
さびー!!ナニコレ道路に霜が降りてます。
湖にも一部氷が浮かんでる。

オトガルまで急いだけど15分はかかるね。
8時10分発が行っちゃって、次のバスの中で待つ。
市バスタイプなので広いけど寒い!


「ガスがかかってるなぁ」と思ったら、すごい霧。
雪状の霧って感じ。だからムチャクチャ寒い!



より大きな地図で 1112-1201トルコ湖水地方の旅 を表示


ウスパルタのキョイガラジに着いたのは9時10分頃。
お次のアーラスン行きバスは9時45分発とのこと。
バス会社のオフィスで、チャイを飲みながら待つ。

出発直前に“ぽーとした”外国人の兄ちゃん登場。
(後に同じイェシル島にある別宿泊の仏人と判明)
行き先が同じだったので、戻るまで交通機関一緒だった。


アンタルヤに続く国道に出て暫くしたら晴れてきた。
麓の町アーラスンに着く前から、お空快晴!
バスはタクシー乗り場まで行ってくれたよ。
町の人たちも旅人に慣れてる様子。



より大きな地図で 1112-1201トルコ湖水地方の旅 を表示


そこから遺跡入口まではタクシーで15分位。
くねくね道をひたすら登る。
周囲の山々がどんどん下になる。雪山がキレイ!

到着してみれば、「あくだー(白山)」の名前の通り、
白い雪にずっぽり埋れた遺跡でした。ひえぇ!
膝丈まで雪に埋もれながらの遺跡観光…。



より大きな地図で 1112-1201トルコ湖水地方の旅 を表示


サガラッソス遺跡1


[広告] VPS




大邸宅跡を右手に見ながら、まずは北上。
後期ヘレニズム時代の泉の家。水音が心地よい。
背後に建つネロン図書館のモザイクが分からなかったのは、
閉まっていたから?

サガラッソス遺跡2


北東端に建つローマ劇場にド肝を抜かれる。
雪で足元が見えないから「危ない」と我慢したけど、
暖かい季節なら、絶対に座席や舞台を歩き回りたい!

[広告] VPS



お次は西進。
端に建つ北西ヘルーンの土台レリーフは、
ブルドゥル博物館の入口にあったもの。
アレクサンドロス大王の住居だったってホント?


道を更に東に下ると、
上のアゴラとニュンフェイオンのコンプレックス。
ここも水が流れています。

サガラッソス遺跡3


[広告] VPS



そこから南下ルート。
下のアゴラとローマ浴場。
アントニウスピウスの神殿…には気付かず?

サガラッソス遺跡4



タクシーの運ちゃんとの約束は「遺跡で2時間」。
西の一番端にあるスタディウム…らしい所まで行ってから、
ぜーはー言いながら入口まで戻って来た。
こんなに寒いのに喉が乾いた~

雪で隠れてたから、この程度の時間で済んだけど、
通常なら3時間は必要だわ。

いやあ~充実した遺跡巡りだったぁ。
アーラスンまで戻って来て、運賃50リラを半分こ。
今度も、バス乗り場まで行ってくれました。


ウスパルタへと戻るバスは13時20分発。
可愛いおいちゃん運転手で、
仔にゃこが道路を渡るのを待つために急ブレーキ。
萌えた…www


ウスパルタの町はまだ濃い霧で寒い。
キョイガラジまで1時間位かかったのかな?
到着後にーちゃんに「いいよるじゅっくらる!(良い旅を!)」して食事。

ピデを食べたかったけど、
注文した時に「小さいの小さいの」って言ってたからか、
ラフマジュンになってた。←それ「薄い」ですからっ!w
飲み物はアイラン。チャイも付く。

食事6ウスパルタオトガル



食事を済ませると、明日のヤルヴァチ行きの為バス会社オフィスへ。
昨夜バス会社のサイトで確認したところ1日3本で暗くなってたが、
この会社だけでも何本もあるやん!

チケットを買ってチャイまでもろて、
「遺跡までタクシーで5リラだぜ」情報まで引き出しバイバイ。


15時丁度発のエイルディル行きバスに乗る。
霧でこんなに暗くて遠くが見えないと、
目が悪い日本人には路上でバスキャッチ無理だぽ。

安全運転の為か50分位かかってオトガルに到着。
バスの便が良いことで、何か気がデカくなってw
フルーツジュースを買い出し。

夕闇迫るエイルディル湖を眺めながら帰還。
ペンション到着が16時頃。

[広告] VPS




雪でぐっしょりな靴を脱いでビーサン姿になってから
レストラン備え付けの暖炉で温まりつつ写真のチェックに燃える。

…で気がついたんだが、厨房に出入りする時の扉の音が、
『エヴァ』の使徒が攻撃する時の「うにょん!」音に極似なので、
何度もドキドキしてしまった。(笑)


もうすぐ19時。レストラン客の親子連れも帰った。
朝食を抜いた上に雪の中をかけずり回ったので豪勢にいくぞ。
魚(鯛のグリル)を頼んじゃった♪
メゼ三種類盛り合わせも。

湖で獲れるというザリガニで遊んだりして、
20時過ぎまで食べてたよ。

食事8エイルディル

食事9エイルディル


食事7-ざりがにエイルディル


さてさて、いつもより遅い時間で金星も沈んでしまってた。
歯磨きして風呂ぉ。
しかしホンの数秒お湯が出たっきりなので、
諦めて水シャワーを軽く浴びただけに留める。

全館暖房になってるので部屋は暖かくてまだマシだが、
殆ど水で、たまに出るお湯は火傷しそうに熱い。
熱湯が出ても大丈夫な様にタオルの上から浴びるとか、
冬に水シャワーとか、まぢ20年前のトルコ。^^;




 単位はTL(トルコリラ)


交通費(バス エイルディル~ウスパルタ)   7.00
 〃 (バス ウスパルタ~アーラスン)    8.00
 〃 (タクシー アーラスン~サガラッソス) 25.00
 〃 (バス エイルディル→ヤルヴァチ)   9.00

食費 (ラフマジュンとアイラン)       3.50
 〃 (ミックスジュース1l)         2.25
 〃 (鯛のグリルと前菜盛り合わせ)     19.50

その他(サガラッソス遺跡入場料)       5.00

スポンサーサイト
[2012.02.12(Sun) 12:33] 2011.12-2012.1トルコTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 都市は苦手(2012/1/3火曜日) | TOP | 遺跡に到着するまでが大変(2012/1/5木曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/164-1ef0ff00
 ← 都市は苦手(2012/1/3火曜日) | TOP | 遺跡に到着するまでが大変(2012/1/5木曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析