FC2ブログ
TOP > 遺跡に到着するまでが大変(2012/1/5木曜日)
 ← 遺跡ー!!(2012/1/4水曜日) | TOP | 天気が悪うございます(2012/1/6金曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 遺跡に到着するまでが大変(2012/1/5木曜日) 

2012年02月12日 ()
バックパッカー * 旅行
早目の朝食をお願いしたせいでしょうか?
いつもの息子達ではなく、
今朝はババ(お父ちゃん)が接待。可愛いぜ!
チャイも今までで一番熱くて美味しかった♪


明け方は雲が多くてどんより。
でも出発前には日差しも時折覗くように。
ただガスが出てて、周囲の山々がけぶってしまってる。

バスはウスパルタ10時発なので、10時前に宿を出た。
明日は移動日でバスを使うだろうからと、
しみじみ周囲の景色を楽しみながらユックリ歩いたけど、
25分で着いちゃった。
途中で木曜市をやっていて、興奮して足が早まったかも?(笑)

エイルディル木曜市



バスが現れたのは10時50分。
待ってる間に排ガスだらけじゃよ。

運転手も好みじゃない肥ったおっちゃん。
車内の温度が31度にまで上がってるのに、
自分が煙草吸う時だけしか窓を開けない。気が利かない…


で、1時間後のお昼にはヤルヴァチのオトガル到着。
帰りのバスを確かめようと建物に入ったら、
何だ結構あるじゃん!
ビレット(チケット)は戻って来てからでいいや。



より大きな地図で 1112-1201トルコ湖水地方の旅 を表示


バスの客引きサンに遺跡までの道を聞くと、
北に走る目の前の通りを真っ直ぐと。
でもすぐYの字になってるもんだから、何人も尋ねまくり!

取り敢えずメイン通りを真っ直ぐ行って
アンティークホテルだったかが右に見えてきたら左折。
(これが最初の疑問。遺跡は町の北東の端やろ?)

賑やかな商業地区を道なりに進み、
アタさん像広場が左に見えてくるので、案内看板に沿って左折。
少し進むと右手に博物館が見えてくる。

入口側の通りを学校を超えて進む。そこで道を尋ねる。
右だと言われ、道を東に戻ってすぐの角を左折。
上り坂沿いに進んで、目の前ジャンダルマ前の通りを右折。
ひたすら道なりに進む。
微妙にYの字になるけどまあ、真っ直ぐ。


飽きてきた頃に前方右手に大きな建物。
如何にも町の端っこ通りに立つ。
ふと左を見ると、古代の建物の土台っぽいのが。
そこが遺跡。



より大きな地図で 1112-1201トルコ湖水地方の旅 を表示


12時半過ぎに到着。
受付のおっちゃん感じ良くない。最近多いな。

ヤルヴァチ遺跡1

ヤルヴァチ遺跡2



入って左方向へ。
坂を登る途中で右手にセントバーナードっぽい放し飼い犬。
(以前リキア遺跡を見て回ってた時に、石や棒で防御したので…^^;)
「ゲッ!」と思ったけど、おとなしい子で。
お陰で帰りもすっかり忘れてて、姿を見て思い出したくらい。


すぐに石畳の道路が始まる。
何と先客あり。トルコ人のオジサン。
ココはレリーフが面白かった。

ヤルヴァチ遺跡3


[広告] VPS




おじさんと反対ルートで回る。
時計回りにどんどん北上。
…地面ぬかってませんこと?

根雪の表面だけ溶けたみたいで、
今日も靴は災難。泥だらけ。orz

ヤルヴァチ遺跡4


この遺跡はカルド(南北)とデクマノス(東西)がオススメかな。
劇場もあるけど、サガラッソスを見た後では、寂しいサイズ。
1時間45分くらい見学に費やした。

ヤルヴァチ遺跡5



帰り道。「迷うだろうなぁ」の予想通り、
ジャンダルマを見過ごしたか、違った道を通った模様。
方角を頼りに、大通りに出た所で女子高生に尋ねて方向を確認。
ひたすら南下する。

あー!博物館着いたぁ!!(ToT)
疲れと、お腹ぺこぺこで、酷い顔して入場。
受付のおいちゃん、展示室への鍵を開けに行っちゃうので、
「?」という顔をしてたら、何と無料。
…ま、内容も“それなり”でしたが。(笑)

その中で、ひたすら回る「お座り犬の彫像」が可笑しかった。
これ一番のオススメなの?

ヤルヴァチ博物館1


アテナとニケの彫像。
キュベレ像。
ピシディア地方のアンティオキア遺跡地図。(ヤルヴァチ遺跡地図)

ヤルヴァチ博物館2

ヤルヴァチ博物館3

ヤルヴァチ博物館4


ここのおいちゃん達は笑顔で挨拶してくれる。可愛い♪

中庭の展示物にも海系ポセイドン関係のレリーフが多いのが不思議。
湖を海に例えてる?



すきっ腹抱えて「キュネフェキュネフェ」と唱えつつ歩く。w
大木のあるチャイバフチェ(茶飲み処)っぽい場所の雰囲気が良くて、
写真を撮ってふと右手を見たらパン屋さん。
中を伺うと、甘い物も置いてあって食べられる!

喜び勇んで入ったものの、店番の可愛いお姉ちゃん曰く
「キュネフェは無いの」と。
代わりに目の前に山と積まれていた揚げドーナッツを買った。

食事10ヤルヴァチ


エネルギー充填後、ひたすらにオトガルを目指す。
15時チョイ前に着いたので、15時発バス狙い。
5分の間に速攻でチャイによる水分補給をする。

しかし時間になっても何故か出発せんのでオフィスに行ったら、
この時間のはドルムシュタイプのバスなのでした。


トルコにしては珍しく5分近く遅れて発車。
助手席の窓側席なので、キレイな景色を堪能出来た♪
1時間強でエイルディルのオトガル着。


[広告] VPS



明日のアンタルヤ行きバスチケットを買ってしまう。
カミルコチュでチケットげと!
16TLだから、こまめに乗り換えるよりお得。

そのままオトガル建物内探検へ。
本場ウスパルタで買いそびれたバラ関係のブツを買う。
店番のお姉ちゃんが美人だし笑顔が可愛い♡

店の外に出ると、絵葉書やっと発見!一枚買った。
宿への帰還途中で焼き栗をゲトしたかったのだが、
「明日の昼にならないと出ない」って。残念!
自然過ぎて虫が居るから、焼き栗がいいのさ。

片付けちうの木曜市を見ながら帰る。
靴の泥は、島への途中にある公園の水道で落としまひた。


17時前に宿着。
を、今日は女性中心の団体がいる。でも静か~!

既に暖炉に火が入っているので、
解凍がてらにレストラン奥で絵ハガキ書き。
温まった18時前に部屋に戻る。


お湯が出なくなる前に、まず風呂。
1時間で済ませて下へ。
ココのメゼ(前菜)がモロに好みで美味過ぎて、
今夜も同じメニューでお願い。
しかしチョルバ(スープ)は無いと。

するとアンネ(お母ちゃん)と二言三言言葉を交わしたら「出せる」と。
「もしや」と思えば、ご家庭の鍋からのお裾分け…www
正に家庭の味のヤイラチョルバス(高原のスープ)
いつにも増してんまかった♪

食事11エイルディル

食事12エイルディル



町へのバスの時間確認オケ!
明日は10時発に乗ってオトガルへ行こう。

21時頃から、ガタガタと目が覚めてしまいそうな強風が吹き始めた。
コレなら明日は晴れるかな?



 単位はTL(トルコリラ)


交通費(バス ヤルヴァチ→エイルディル)  9.00
 〃 (バス エイルディル→アンタルヤ)  16.00
 〃 (バス ウスパルタ→エイルディル)  3.50

食費 (揚げドーナッツ)          0.50
 〃 (チャイ)              0.50
 〃 (スープと前菜盛り合わせ)      12.50

その他(ヤロヴァチ遺跡入場料)       3.00
 〃 (お土産バラシリーズ)        18.50
 〃 (絵葉書)              0.50


スポンサーサイト
[2012.02.12(Sun) 12:32] 2011.12-2012.1トルコTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 遺跡ー!!(2012/1/4水曜日) | TOP | 天気が悪うございます(2012/1/6金曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/165-df96dd81
 ← 遺跡ー!!(2012/1/4水曜日) | TOP | 天気が悪うございます(2012/1/6金曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析