FC2ブログ
TOP > クフォニシアからナクソス経由ミコノスへ(2013/9/6金曜日)
 ← クフォニシアのビーチ巡り(2013/9/5木曜日) | TOP | デロス島観光(2013/9/7土曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク クフォニシアからナクソス経由ミコノスへ(2013/9/6金曜日) 

2013年10月14日 ()
バックパッカー * 旅行
今日は移動日。
船は昼過ぎなので、午前中はひたすらノ〜ンビリ過ごす。
この海が見える環境を、最大限に満喫するのさぁ〜

そして今回の旅、最大のジダラク朝食。
ヨーグルトとタイカレー、ダークビールというメニュー。^^;
景色が美しいと、何やってもしゃーわせ気分やね〜♪



クリフォニシ港

チェックアウト時間ギリギリまで部屋で粘ってからロビーへ。
同じような時刻の船に乗る客3名。
車で港まで送ってもらいました。

船は12時50分発なのだが遅れているらしい。
50分を過ぎて到着したのは、
アモルゴス島行きのフライングキャット。

「あれ、船の名前変わってる?」と思いながらも乗ろうとして、
船員さんにチケットを渡した時に指摘された。
あぶねーあぶねー^^;


シージェット2キター!
 Sea Jet 2キター!

最近のギリシア定期船にしては珍しく(オイ)30分遅れての登場。
高速船なので、基本船内の座席に座りっぱなしです。
これがつまらなくて、普段は自由に出歩ける船にしちゃう。

今回は時間的にも選択肢が無くて我慢しました。
でも流石に早いよ!
40分位でナクソス着。島の北側ルートに思う。


10分程度で再出発。
15時前にミコノス島に到着しました。
大変多くの人が降りるので、停泊時間は10分以上。

そこから荷物を引きずり引きずりホテルへ。
石が埋まってるガタガタ道だから転がしにくいんだよ〜(>_<)

前回来た時に悪天候で何日も島に閉じ込められたから、
かなり土地勘は残ってる。
でも四半世紀前の事だし、歩きやすい道を選んでたら、
町の東のハズレに出ちゃったぜ。


それからが涙の捜索劇。
ホテルの看板出してよぉ〜(/_;)

住所にある通りを何往復しても無い!
捜索範囲を少しずつ広げ、人に聞きまくっても見つからず。
遂には、別ホテルに泊まってる兄ちゃん達にデカイ荷物を預け
探しまくっただよ。


見つけたのも偶然。
おじさんが通りの向こうからバイクで来たんだが、
何かの配達人風だったの。

だからこの辺りの事も知ってるだろうと思って尋ねたらビンゴ!
目的のホテルにやって来た人でした。
ああああああああ疲れたよぉぉぉぉぉ〜orz

 Studio Eleni
 Aghias Paraskevis 22, Mykonos city


結局、最初に尋ねたお店で聞いた場所だったらしい。
でも「あそこに見えるテラスがそうよ」と言われて、
真っ正面に建ってたテラスの場所かと思ったんだってばっ!^^;

これにはまだ続きがあって、本館を教えてもらったんだけど、
実際に泊まる部屋は、離れた場所の一軒家でした。
お陰で兄ちゃんズに預けた荷物抱えて往復したさ…


古き良き時代の雰囲気溢れる家で素敵なんだが、
なんせそういう家なので、二階への階段も急過ぎて荷物運べまへん…

でもバス付だし、設備は凄いよ。
四人家族で長期間泊まるのにはイイと思う。

ホテル外観
 ホテル外観

ホテル内装4
 玄関入ってすぐのリビング

ホテル内装3
 超急な階段

ホテル内装5
 二階の寝室



一息ついてから再出発。
明日の為の情報収集である。

まずはタクシーステーションへ。
空港までタクシーで行こうかな、と。
でも噂通り、一台もおらんわ…。


お次はデロス島行きの船のチケット購入。
タクシーステーション近くの旅行会社で買った。
ガイド付き希望でなければ、どこの会社でも買えるそうだ。
(インフォメのお兄ちゃん談)

そこには時刻表もあって

 ミコノス → デロス  9時 10時 11時
 デロス → ミコノス  12時 13時半 15時 

とのこと。でも当日変更になる事もあるみたいよ。(・ω・)

デロス島へ渡る船のチケット
 デロス島へ渡る船のチケット

港
 デロス島への船が出る港


それからデロス船が出る港へフラフラと町歩き。
港沿いではなく、お店が並ぶ裏通りを歩いたけど、
雰囲気がアテネに近くなっちゃってて…
ワタクシ的にはそそられない。

気になったのはオリーブオイル石けんと、
ど派手なグリセリン石けんかな?
やはり日本に余り知られてない島が好みだなぁ。


しかし猫度の高さは噂以上!
町を歩けば猫さまに当たる。まじ。
↓猫さま写真5連発

猫8

猫7

猫6

猫5

猫4


一番ウケたのが、この仔。
タベルナの側を歩いていたら、白いテーブルに何やら黒いモノが。
仔猫、“前菜”としてお皿に盛られてる〜wwwww

猫3
 前菜猫

猫2
 鼻垂れてまっせ!

近くにはウェイターも立ってるんだけどね。
追い払うでもなく…。
この“心の余裕”(笑)、見習いたいです。



風車でも見てから食事してホテルに戻るか…と、
考えながら歩いていたら、
アレフカンドラに引きずりこまれた。(笑)

ウェイターのおじちゃんと目が合ったので、
ヤーサスしただけなんだけどな。

「日本人か?ギリシア語喋れるのか?」と尋ねられ、
「まあ、何か飲んでけ」と。
いや、お腹空いてるから食べるよ!


で、また蛸食べましたw
だってここ、六月に放映された『ヨーロッパ水風景』で
宿代よりずっと高いロブスター料理が出てきてビビってたんだもん。(笑)
でも良い席で日の入りを拝めましたぜ♪

シーフードスープ
 シーフードスープ

タコマリネのグリル
 酢ダコのグリル

アレフカンドラにて夕食
 アレフカンドラの席で見る夕陽


店の周囲には、夕陽を撮りに集まった観光客が溢れかえってました。
日本人も何名か見かけた。
ノースリーブじゃないのと、姿勢が悪いので分かる。←自戒を込めて
ちうごく人は、声がやたらデカイかぽーなので分かる。(・ω・)



ミコノス名物風車
 ミコノス名物風車


食事を終え夕陽を堪能した後は、
風車を見たり、町歩きをしたり。

それから食糧を買い出し。
ヨーグルトは一個では売っていないので、
フローズンヨーグルトを買って20時半頃戻った。

この家、インテリアとか本当にオサレなんですが、
最後までお湯が出ませんですた…orz
夏でヨカタよ、水シャワー。



 単位は€(ユーロ)


宿泊費(朝食無し2泊)           90.00
 〃 (朝食無し1泊前払い)        40.00

交通費(デロス島往復船代)         17.00

食費 (スープ,タコビネガー,ソーダ)    22.00
 〃 (水,ジュース)            1.50
 〃 (フローズンヨーグルト)       3.70

その他(お土産用お菓子)          2.55


スポンサーサイト
[2013.10.14(Mon) 21:32] 2013.8-9ギリシアTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← クフォニシアのビーチ巡り(2013/9/5木曜日) | TOP | デロス島観光(2013/9/7土曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/198-659d5a30
 ← クフォニシアのビーチ巡り(2013/9/5木曜日) | TOP | デロス島観光(2013/9/7土曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析