FC2ブログ
TOP > やっとマデイラ到着(2016/12/24土曜日)
 ← 空港混み混み(2016/12/23金曜日) | TOP | 市内散歩…しか出来ぬ〜(2016/12/25日曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク やっとマデイラ到着(2016/12/24土曜日) 

2017年03月05日 ()
バックパッカー * 旅行
寝た…と言うよりうつらうつらだったけど、
6時には起きて出掛ける準備。
部屋にあったコーヒーメーカーの使い方を間違えて
お盆を水浸しにし、復旧に時間がかかったぞい。


しっかりしたホテルでは、チェックアウトも素早い。
「レシート要らないよ」って返事したら
(それもミニバーの事を聞かれると思って条件反射でNo返答w)
数秒で完了。ドイツ凄すぎ!(笑)



外は雨。直通の通路で空港と繋がっていてヨカタヨカタ。
マデイラ行きの便が出るAのゲートは、ずーと右手。
チェックインカウンターが見えてきたので、
人が居て「Baggage」と書いてあるところへ。

羽田で搭乗券は発行済みだったが、
再度スーツケースを預けた後に
新しいボーディングパスを渡された。


搭乗券のバーコードを機械で読み取らせて入場。
その後カプセルみたいなのに入って「友達の輪!」的に腕を上げ、
無害である事を証明。←セキュリティチェック

更に人によるボディチェックもある。
こんなにやってるのに、荷物より人間の方が抜けるの早い。
効率的すぐるのか、ドイツ?


発券時に「ラウンジはずーと右手先よ」と教えられて向かったのだが、
確かに遠かった…。そして混んでた〜

なので一旦通り越して左方向へ。
搭乗ゲートまでの距離を測る。
10分は見ておいた方がいいかも?←ホント遠い


8時には戻って来たけど、入場待ちの長蛇の列は変わらず。
案の定、中も大混雑。
座る場所すら無いので、立ってクロワッサンをパクつく。



マデイラ直行のLH1170便はA60ゲート。
雨は…止んだのかな?9時を過ぎると明るい。
9時半前にバスに乗る。

5分くらい走ってストップ。しかしなかなかドアは開かない。
6分程そのまま、それから搭乗。
機内は暑い…!シャツの腕を捲ってるよ、俺。

10時過ぎに動き出し、10分後に離陸。
もう薄日がさしてた。




さてここからはマデイラ時間に。
1時間戻します。食事は11時ちょい前から。


機内食03





マデイラ空港見えた!

欧州でも有数の“危険な空港”が見えてきた。
滑走路の下の柱、見たど〜!



マデイラ空港1

13時過ぎ、フンシャルの空港にランディング。
滑走路が短いので急ブレーキだ。技術力を要する。
ルフトハンザの飛行機の運転手さん、しゅごい!

雨の後らしく、外はモワッとした空気。湿気あるなぁ。
到着ロビーは…寂しい。(笑)
現金を降ろす事も出来ずに外へ。







ホテル03

ホテル04

ホテル屋上から01

石畳の坂道をデカイスーツケース転がして歩く自信がなく、
タクシーにてホテル[Hotel Madeira]まで。
14時前にチェックイン出来ました。

日本とは9時間差だから、家を出てから二泊を挟み、
47時間後にやーーーーーっと目的地1に到着です。

部屋は裏側で、山の風景が少し見えるぐらいだけど、
表側はうるさいと思うからイイや、コッチで。


 島を出る時に知ったのだが、泊まるホテルが決まっているなら、
 そこで送迎を頼んだ方が良さげ。
 ホテルから空港へのタクシーをお願いしたら、15ユーロも安かったよ。






ロープウェイ乗り場

16時半過ぎ、まずは街中を探検してみる。
ホテルを出て、南下して海沿いまで。
後はひたすら東方向へ海岸通りを歩く。

モンテ近くまで延びるロープウェイ乗り場を抜け、
ホテルの手前で左折した。
しかしホント見事な石畳の坂道続き。

北上し続けたら大通りに出くわしたのでまた左折し、
通りにある見事なクリスマス飾りを堪能。


ホテルの少し先まで行って、ショッピングセンターで買い出し。
タクシーの運ちゃんが「このスーパーは水がオススメだ。
兎に角安いんだ」と力説してた理由が判明。まじで安かった。

部屋に置いてある1.5リットルの水が2ユーロ。
なのに5.4リットルが1.59ユーロなのだ。
重いけど買ってもうたよ。
あとバスの地図を見つけたので、これもお買い上げ。


そうそう、並んだのがベビーカー優先レジだったんだけど、
当事者が来たら皆さんサッと端に寄って進ませてあげてる。
社会に浸透するまで、こういう仕組みを取り入れるのイイなあ。



ほぼ1時間位の散歩。距離は4キロでした。



一旦部屋に戻って、買ってきた地図を広げて明日以降の予定を立てる。
島の北側の街まで行くバスは本当に限られてるなあ。
でもそんなバスに乗って島内巡りがしたくなるぞ。


さて、この時間帯は日本では夜半過ぎなので大変眠くなる。
横になったら負けだと必死で抗っていたが、
19時半までうつらうつらしていた。



クリスマスイルミ01


クリスマスイルミ02

それから貴重品だけ持って夕食へ。
イルミネーションを堪能しながら食事場所を探す。

が、店員さん達は揃って商売気っが無くて、
こちらがメニューを見ていても、
「いらっしゃい」とか声をかけてこない。



CASA PICA REGIONAL

食事02

結局ホテル前の公園近くの屋台で、ブリトーを注文。
ベーコンとチーズを挟んでもらった。 BRITO CAMARA

飲み物をどうするか聞かれ、
目の前に並んでいるオレンジジュース色の中身を質問。

“ファイヤー何とか”と言う説明から、
非常に強いお酒を果物ジュースで割ったらしい。
(後にポンシャponchaであると判明)


3つのうち真ん中のパッションフルーツ味を試飲させてもらった。
うん、寒い冬にはいいかも!
結局生ビール(インペリアル)にしたけどな。



クリスマスイルミ03

クリスマスイルミ04

ホテル屋上から02

目の前の公園のイルミネーションを堪能しながらの夕食。
食べ終えた後に、また公園内をブラブラしつつホテルへ。
屋上から夜景を堪能してから21時前には部屋に戻る。
星もチラチラ見えてきたよ。

アルコールが入ったので、案の定居眠り。
また23時を過ぎてしまった。


 単位は€(ユーロ)


宿泊費(朝食無1泊クレカ払い)      103.20

交通費(空港→ホテル)           45.15

食費 (水)                1.59
   (夕食)               4.00

その他(地図)               7.50

チップ                  4.85


スポンサーサイト
[2017.03.05(Sun) 21:27] 2016.12-2017.1マデイラ島とサン・ミゲル島Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 空港混み混み(2016/12/23金曜日) | TOP | 市内散歩…しか出来ぬ〜(2016/12/25日曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/236-01e0d574
 ← 空港混み混み(2016/12/23金曜日) | TOP | 市内散歩…しか出来ぬ〜(2016/12/25日曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析