FC2ブログ
TOP > 島の西側ツアー(2016/12/30金曜日)
 ← 荒天の中を歩き回る(2016/12/29木曜日) | TOP | 島の中央ツアー(2016/12/31土曜日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 島の西側ツアー(2016/12/30金曜日) 

2017年03月05日 ()
バックパッカー * 旅行



ツアーのお迎えの車が遅れているとのこと。
30分遅れで出発。オイラで3人目。
女性2人が先客。そしてお次は男性2名。


10時前に郊外のパイナップルプラントAnanases Santo Antonio到着。
ビデオを5分間視聴後、プラントを2つ見る。暖かい〜
赤ちゃんパイナポーは可愛いぞ♪

受付にはちょっとした売店があり、
パイナップルのカホリ豊かな石鹸を、お土産にゲト。
(流石にパイナポー自体を購入する勇気は無かた〜w)
観光時間は20分程。

赤ちゃんパイナポー

パイナポー石けん



お次はRoberta Grandeの町へ。
10時半から自由に街中探索。
Balcao - Santander Totta 広場?
Camara Municipal Da Ribeira Grande 教会?

しかしすぐに大雨に。雨具を装備する。
ここの公衆トイレがキレイだった〜!←しかも無料

リベイラ グランデ1

リベイラ グランデ2

リベイラ グランデ3



20分後に一度集合してから、地元産のリキュールのお店まで。
11時まで試飲と買い物。チョコとプディングにトライ!
美味しかったので、ついつい甘系と思しき小瓶3本を購入してもうたよ。

リベイラ グランデのリキュール屋さん



車まで戻ると、空にはタブルレインボー!
走っている時にも薄いのを見かけたけど、
通り雨が多い季節は、これが楽しみなんだよね〜♪

リベイラ グランデ4



それから南下して内陸へ。
11時半前に展望台らしき場所に着いたが、
霧が余りにも濃すぎて何にも見えへん!そして寒いぞ。
リキュール試飲の効果も薄れる冷え込みだ。


少し粘ったけど、霧が晴れる気配は微塵もなく。
今来た道を少々戻り、Caldeira Velmaの観光を1時間。
入場料1ユーロはツアー代金に含まれていません。

シダの茂った原生林の様な場所。所々で温泉が湧いている。
奥〜の方には入浴可能な水溜りも。
ただ着替える場所が少ないんだよね。
トイレと共同みたいだったし。

CALDEIRA VELHA1

CALDEIRA VELHA2

CALDEIRA VELHA3

CALDEIRA VELHA4

CALDEIRA VELHA5シダ?

CALDEIRA VELHA6説明板


の〜んびり散策したけど、集合時間の15分前には戻って来ちゃった。
それにしても、風の音、水の音、こーゆー場所大好き♪
何と言うか…自然に…地球に同化していく感じがするのだよw



再出発を待つ間にお昼の予約。「すぺしゃる」と言われた。
食材説明の、魚とエビにヒャッハー!したが「フォチャ」って何だっけ?
→結局「フォチャにしたよ、中身は魚とエビだよ」って話だった。
 おでのえいごりょくぅ…orz


12時半ちょい前に再出発。15分程で港町Lagoaに到着。
オサレなレストラン♪

O CAPITAO外観

O CAPITAO店内


飲み物は相変わらずインペリアルを選択。
昨日は黒ビールだったので、初めての白ビールだ。

まず、昨日食べたのと同じチーズが出てきた。
ピリ辛タレ、この程度しか掛けないのね…。
そしてパンにつけて食べるもんなのか〜!

そしてフォチャ。
海の幸の雑炊…シーフードリゾットと言え?

いや〜、実にんまかったー!!
出汁がたっぷり含まれてて、
でもシーフード自体にも旨味は残ってて。

食事28

食事29


デザートはパイナップルケーキか、切っただけのそれかの二択。
1人だけフツーのパイナポー選択。
サッパリしてそうだし、ケーキはこれからも口に出来そうだし!
(と考えたのだが、翌日は切っただけのパイナップル一択ですた 涙)

食事30

食事31



14時半前にまた車へ。
5分もかからず、セラミックファクトリーへ。
Jose Augusto Martins Vieira & Filhos, Lda

レストランでご一緒した別のツアーも合流しながら見学。
お姉さん達はここでも買い物してたけど、
こういう地元っぽいのをニポンに持ち帰ると、浮くんだよね…

JOSE AUGUSTO MARTINS VIEIRA & FILHOS, LDA





15時ちょい前、一路西へと向かう。
途中でカナリア湖の見学。
雨続きなのでぬかるんでて、靴がドロドロ〜

LAGOA DO CANÁRIO1

LAGOA DO CANÁRIO2

LAGOA DO CANÁRIO3

LAGOA DO CANÁRIO4説明板

LAGOA DO CANÁRIO5説明板



「セブンシティ」到着〜
ここサン・ミゲル島で、絶対に見たい場所のひとつだった。
Miradouro do Pico do Carvao

もう見事なまでの美しい湖!
ちょうど陽が射してきて、美しさに磨きがかかる。
麓の町もおとぎ話の世界のような印象だ。


展望台の背後にはサンティアゴ湖があったらしいが、
山向こう?なので見えず。ひたすら北西に並ぶ
 左 ヴェルデ湖
 右 アズル湖
を撮りまくっていた。

ここに限らず、島内には紫陽花が多く植わってて、
花咲く季節だったらとてもキレイだろうなぁ。
赤なのかな青なのかな?
ほんのり水色が残っているのを幾つか見かけた。

アズル湖1

案内アズレージョ1

アズル湖2




とてもとても名残惜しいが、16時10分に湖を後にする。
展望台から見えてた街へ。

「二回作られた町」との説明だったが…
オノレの英語力では意味まで分からず。
英語版の観光案内でも読めば書いてあるかな?

町をくるりと回ったら、2つの湖を分ける通路へ。
そこで少し写真ストップ。
その後、先程とは反対側の高台へ。ここもスンバラシイ眺めだ。


小さいカルデラが幾つも集まっているのかと思ったらそうではなく、
広いカルデラの中に沢山のクレーターが存在しているのだと。

説明を聞いたり写真を撮ったりしてたら、
街中に虹の端が降りてきたー!!
夢の様な美しさにウットリでしたvvv

案内アズレージョ2

セッテ シダーデス説明板

セッテ シダーデスの虹





これにて本日の観光は終了。南海岸に出て東へと向かう。
往路とは逆に、お兄ちゃん達を送ってからホテルへ。

申し込みをした際に55ユーロと言われたので渡したのだが、
翌日たまたまパンフを見たら60と書いてあった。
さ、サービス価格だったんだよね?!^^;



 走行距離125kmを超えてました





17時過ぎには部屋に戻れた。
あんだけ食べたのに、もう空腹を感じてる。
雑炊って消化良過ぎか?!

30分後に夕食へ。
「ピナファみたいなの食べたいなぁ」と。
ホテル前の通りをずっと西に行ったが、お店が全然ない。

信号のところで左折。すぐ南側の通りを東へ戻る。
あれれ?やっぱりお店がない。
結局メルカドまで行ってしまった。

確かメルカドの中に食べる場所があったなと、覗いてみる。
スナックバーであった。


「こんにちは」して、何が置いてあるか見てみる。
左側の端に、レバーの煮物を発見。
カウンター席で一杯やってたおじちゃんが
「レバーだよおいしいよ」そう勧めるのでこれを注文。

更にタルトの1つ、紙包みになってたものを、
「ここのオリジナルだよ、オススメだよ」とおじちゃん。
なのでこれも頼む。

食事32


このおじちゃんに加わるように現れたメガネのおじちゃん。
どこから来たのか尋ねられ、日本だと答えたら
「奇遇だなあ!今日は別の日本人女性も見たよ」って。

こんな小さな島に本当にいるんだ!?
確か住んでる人が居るって、何かで読んだ記憶がある。


くー!うめえ!!ピリ辛で、ニンニクが効いてて、
辛口の日本酒が欲しくなる組み合わせ。

しかしさっさと食べ終えてしまい少し物足りない。
そこでメルカドを出て更に東に向けて歩き、
明かりが途切れた頃、同じ様なスナックバーを発見。


ここはおつまみ系はなかったけれど、パイを見つけた。
中身は不明のまま購入。
(後で食べてみたら、かぼちゃか、さつまいも系のパイでした)
更に水の大も追加注文。

この間、こちらは英語と身振り手振り。
お店のおじちゃんは、ポルトガル語オンリー。
なのにちゃんと会話が成立する不思議。(笑)
しかも袋にまで入れてくれてv


また小雨が降り始めたので、さっさとホテルに戻る。
イチゴを洗ってからパイと水を持って三階の食堂へ。
夕食第二弾の始まりです。
自分としては急いで食べたけど、やはり一度電気消えた〜

食事33



お腹が膨れると、途端に爆睡。
21時に一度目が覚めたが、すぐには動けないダメダメちゃん。

意を決して頭も洗った頃には軽く0時過ぎてたよ。
そしたらその後、隣の部屋の人が帰って来てうるさい。
ポケットWi-Fiの調子をみてたから起きてたけどさ…。



 単位は€(ユーロ)


食費 (夕食1)              4.00
   (夕食2)              2.50

入場料(CALDEIRA VELHA)        1.00

その他(お土産1)             4.60
   (お土産2)             7.50
   (ツアー料金)            55.00

チップ                  1.00


スポンサーサイト
[2017.03.05(Sun) 15:36] 2016.12-2017.1マデイラ島とサン・ミゲル島Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 荒天の中を歩き回る(2016/12/29木曜日) | TOP | 島の中央ツアー(2016/12/31土曜日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/242-b64480b4
 ← 荒天の中を歩き回る(2016/12/29木曜日) | TOP | 島の中央ツアー(2016/12/31土曜日)

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析