FC2ブログ
TOP > 観光編7:レシムノ
 ← 観光編6:イラクリオン2 | TOP | 観光編8:ハニア1

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 観光編7:レシムノ 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行



■フォートレスと考古学博物館:8/15(火)

まずはホテルからハニアのバスターミナルへ。
10:20には着いたが、相変わらずバスの表示が分からん!

念の為あちこちに聞いて見つけられてヨカタヨカタ。
だってまだ27分だけどバス出発したしw←10時半発のバス
チケットは片道6.8ユーロだったよ。



11時半を過ぎた頃、ハニアのバスターミナルに到着。
左手に素敵なビーチを見ながらの行程でした。
ターミナルでトイレを済ませて観光へ!

歩いてる途中で観光トレインを見かけたし、
案内の看板も見たのでスタート地点に急いだのだが、何もぬ!
で、時間的にも乗るのを諦めてフォートレス観光に変更。


入場料は3ユーロ。
東の門から入ります。
↓チケットの裏表
レシムノ城塞チケット表

レシムノ城塞チケット裏


西の区画聖ニコラウスの稜堡付近

港の方向を望む



中には元ジャミィ(Sultan Ibrahim Khan Mosque)もあって、
ミヒラブもしっかり残ってる!
近づくとアラビア文字も見えた。←alしか分からない人

入口で受け取った資料によると、1646年オスマン時代に建てられたらしい。
(なのでトルコ語読み〜)


なんせ陽射しを遮るものが無い広い城内。
涼もうと思って、このジャミィへ向かったのにぃ!(おい

フツー、ジャミィの中ってやたら涼しい筈なのに、全然だった。
造り(修復)が間違ってるとしか思えんw

モスクを中心に東側から
 左(北西側)が火薬庫。右(南側)が監督官の邸宅、並びに聖カタリーナ教会。

モスク内部

ミヒラブ上部



北の壁沿いに横たわる細長い建物は、
資料の言葉を直訳すると「北の予備門の倉庫複合体」。
上から見下ろすと、瓢箪みたいなのが落ちてた。
形からして、ジャミィに吊り下げられてた吊りランプの土台かな?

北の予備門の倉庫複合体に転がってる


西側ハニア方面へ向かう道路を望む
 こちらは西側、ハニア方面へ向かう道路を望む


南側にあるらしい劇場跡はよく分からなかった。(・ω・)
13時過ぎには見学を終え、
某ガイドブックによると東側にある考古学博物館へ。

しかし「移動したよ」という紙切れが貼ってあって、
老眼にはキビシイ小さな説明文字と地図が。
これ見て転居先へ行けってか!?

オフラインでも使える地図アプリがあるから、
何とか辿り着けたけどさ…^^;


ま、旧市街の狭くとも味のある街並みを見られ、
またパン屋さんで可愛いパンをハケーン!出来たから良しとする。
このお店は「Bakery since 1958」と言って、
帰国してから調べたらググる地図にも載ってた♪

旧市街の可愛いパン屋さん

レシムノ旧市街の小径

レシムノ旧市街のホテル?
 素敵なホテル見つけた〜



Mikrasiaton広場からNeratzesモスク
 Mikrasiaton広場から見るNeratzesモスク


この広場の南東に、移転した考古学博物館がある。
元・聖フランシス教会だった建物を改装して使っているとのこと。

レシムノ考古学博物館外観


入場料は2ユーロ。
そりゃ小ぢんまりしてるけど、設備が最新。
こりゃあ他の博物館の相場からして
絶対4ユーロだと思って出して、戻された。(・ω・)

レシムノ考古学博物館チケット


所々に「撮影禁止」と書かれたブツがあって、
展示物本体しか見ていないオイラ焦るw
珍しいもの2点をあぷ。

レシムノ考古学博物館展示物1

レシムノ考古学博物館展示物2


13:55見学終了。
ブラブラしながら南下して行った。
市営庭園前の道まで出てから、ターミナルへ向けて東進。

市営庭園北西角にあった水場
 この庭園北西角の水場に残されたアラビア文字のレリーフ




レシムノ発15時のバスチケットを買う。
52分には10番バス(往路と同じ)に乗り、
14:55に出発した。(笑)
ギリギリに行かなくて良かった〜






スポンサーサイト
[2017.09.18(Mon) 21:21] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 観光編6:イラクリオン2 | TOP | 観光編8:ハニア1

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/261-17f936b0
 ← 観光編6:イラクリオン2 | TOP | 観光編8:ハニア1

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析