FC2ブログ
TOP > 観光編8:ハニア1
 ← 観光編7:レシムノ | TOP | 観光編9:ハニア2

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 観光編8:ハニア1 

2017年09月18日 ()
バックパッカー * 旅行



■考古学博物館と旧市街周辺:8/15(火),8/16(水)

レシムノからのバスは、16時丁度にハニアのバスターミナルに到着。
ハニア考古学博物館へ向かいがてら、遺跡Schiavoをば…

あれ?入れない。
周囲を一周したけど、
最初に見つけた場所が封印されてるのでダメでした。



博物館は商店街の中に見事に混じって建ってる。
入場料は4ユーロ。
16:15位から見学開始。

ここも元々教会かな?この造りは。
でもココあちゅい。
フツーさ、こういう場所って涼し(以下省略)


展示物は、素焼き?の甕棺(長方形で蓋つき)が多め。
イラクリオの博物館にあったものと同様、
絵付が投げやりなものwww

そしてメインらしい牡牛の群れ。
割れないための処置だが、何箇所か開いてる穴が、
ちゃんとSiriにもあって可愛い♪
この脱力感がいい!!

あと機械類は全滅状態。
使えないなら、コンセント抜いておいたら?
埃を被ったままにしてあるので、
やる気の無さがひしひしと伝わってくるよ。^^;


何故か入口入ってすぐの南の一角に
ミソタキスのコレクションなる部屋があって、そこだけ冷房入ってた。
でも封印粘土コレクションはモロに直射日光が当たってて。
ギリシア人は何を考えているのか、マジ謎。(笑)



博物館のトイレは中庭にある。
ギリシアらしく、紙はあるが便座はない。

この中庭にあったイスラム時代の泉亭と思わしき写真をば。
これにもアラビア文字が刻まれてた。

博物館中庭の泉亭


見学終了後は、城壁を左手に見ながらホテル近くまで。
この“遺跡の中に住んでる”感が、オタクには裏山〜

城壁の一部




遅い昼食兼夕食をとった後でホテルに戻り休憩。
人心地がついた20時位から灯台まで散歩へ。

夜の港散歩1

夜の港散歩2

夜の港散歩3





翌16日には、ホテルの自転車を借りて、
海岸沿いを西へ東へ。

腕焼けるー!
それと観光客多過ぎー!
写真を撮ってるので場所塞ぎまくってて邪魔ー!
と脳内で叫びながら。^^;


15分くらい西へタラタラ走って、
川のところのKladissos beachに。
少し休憩した後、川沿いを更に北へ。

遊園地がある!と思ったら、
スカイダイビングセンターとググる地図にあった。


それから細い道を西へ。
丘を登り切ったが行き止まり。
Frida Apartments付近だった。

ハニアの西



今度はハニアの街中をぐるぐる回ってから、
東端のKoum Kapi Beachまで走って休憩。
 
ハニアのママチャリ

ハニアの東



確かに歩きだとちょっと広い町だけど、
チャリで走ると丁度良い感じで廻れる。
市営のレンタサイクルがあるのも、納得!


スポンサーサイト
[2017.09.18(Mon) 21:15] 2017.8ギリシアTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 観光編7:レシムノ | TOP | 観光編9:ハニア2

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://cayhane.blog43.fc2.com/tb.php/262-523e6cad
 ← 観光編7:レシムノ | TOP | 観光編9:ハニア2

月齢カレンダー

プロフィール

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

リンク

茶店の本棚

ブログ内検索

惑星時計

RSSフィード

メールフォーム

QRコード

オンラインカウンター

現在までのご来店者

  1. 無料アクセス解析